数多い更年期症状のうち「腰痛」の症状を覚える人も多いと言われています。

特に普段から腰痛もちの人は、更年期の症状で腰痛が現れていると感じにくい人もいます。

更年期の症状といえば、だるさや無気力、ホットフラッシュといった症状が主に起こると思われがちですが、なぜ腰痛の症状が出てしまう人もいるのでしょうか。

普通

ここでは更年期の腰痛の原因とその対策について紹介していきます。

更年期症状で腰痛が起こる原因

更年期症状は女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減ることで発症することはよく知られています。

これにより自律神経の働きが乱れて血管が収縮され全身の血流が悪くなり、腰痛や肩こりを感じることが多くなります。

また、誰でも年齢を重ねると腰回りの筋肉が加齢により弱くなることも考えられ、使われない筋肉が硬くなることで痛みを発症します。

更に「どちらかと言えば太り気味だ」という人や「自分では気づかないけど姿勢が悪いと言われる」という人も腰回りに負担がかかりやすくなると考えられ、日頃から運動をしている人でも、腰に負担のかかる動作をしていると腰に痛みを伴うこともあります。

若い頃は腰痛なんて感じることはほとんどなかったのに、更年期になって腰が痛くなることが増えたという人は更年期症状かもしれません。

ただの腰痛ではなく病気の可能性も

腰が痛むと、1日疲れたのかな、とかもう歳だなと感じたり、更年期のせいかと思う人がほとんどだと思います。

しかし、腰痛でも症状がひどい場合や何日も続く場合は病気の可能性もあるので注意が必要です。

また、更年期の腰痛の症状が悪化して病気になるということもあるので、ひどい時には無理をせず病院へ受診してみてください。

主な腰痛の病気としては

  • 椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 骨粗しょう症
  • 子宮筋腫や子宮がん

など、さまざまな病気が潜んでいる可能性もあります。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、日ごろの動作や遺伝、加齢に伴い、背骨のクッションである椎間板が変形して飛び出し、神経を圧迫してしまう病気で、注射や薬で治す場合や、ひどいと手術が行われることがあります。

症状としては、ぎっくり腰のような腰の痛みやしびれを感じ、排尿や排便に障害が現れる場合もあります。

腰部脊柱管狭窄症

この病気は加齢や背骨の病気により脊柱管とよばれる背骨の中の空洞が狭くなり、神経が圧迫されて痛みを伴います。

普段安静にしている時は症状はあまりないのですが、立ったり歩いた時に臀部や下肢に痛みを感じ、首や胸に症状がでることもあります。

リハビリや薬物療法がありますが、排尿障害などの症状が出たときには手術が必要になります。

骨粗しょう症

骨密度が低下し、骨の中がスカスカとしてもろくなり、骨折を起こしやすくなる病気です。

高齢や閉経後の女性に多くみられ、急に腰や背中に痛みを生じます。

痛みに気づくことが遅く、骨折してわかることも多いため注意が必要です。

薬物や食事療法がほとんどになります。

子宮筋腫や子宮がん

女性特有の子宮内での病気も腰痛には潜んでいるかもしれません。

子宮筋腫は良性の腫瘍で、自覚症状のない場合が多いのですが、筋腫が大きくなったり複数できると子宮が大きくなり、激しい痛みを伴うことがあります。

この病気は不妊や流産につながり、生理痛のような痛みとともに腰痛を訴える人も多いのです。

子宮がんは、「子宮頸がん」と「子宮体がん」があり、子宮頸がんは子宮の入り口部分の子宮頸管部にでき、子宮体がんは子宮内膜にできるがんのことです。

子宮頸がんは自覚症状があまりなく、子宮体がんは生理不順や閉経後の不正出血といった自覚症状がみられます。

どちらのがんも自覚症状が現れると、下腹部痛だけでなく、腰痛や下肢痛などさまざまな症状が現れます。

腰痛が起きた時のは冷やすのか温めるのか

急に腰が痛んだ時、冷やすべきか温めるべきか迷いますよね。

患部に熱を帯び、炎症状態の腰の痛みの場合はタオルを水か氷水で濡らして冷やしたり、冷シップなどを貼って冷やします。

ただし、氷を使用するとなった場合は冷やしすぎると返って悪化させるので冷やしすぎには注意してください。

長く続くような慢性的な痛みの場合は、腰を温めるようにします。

その際、カイロや温湿布、ぬるめのお風呂にゆっくりとつかるなどして、腰を温めて血流を良くすると、腰痛の症状が改善する可能性があります。

また腰回りを意識したストレッチも有効ですが負担がかからないように優しく行いましょう。

腰に負担をかけず、疲れたら体をゆっくりと休めることも重要です。

あまりにもひどい腰痛のときは医療機関を受診するようにしてください。

更年期に腰痛を起こさないようにするための対策方法

更年期にはいり、だるかったりイライラしたりという症状が現れる中で、腰痛の症状まで出てしまうとさらに憂鬱な気分になりますよね。

そこで、腰痛にならないために簡単に対策のできる方法についてご紹介していきます。

  • 運動で血行促進・ダイエット
  • 漢方薬で更年期症状を軽減
  • 食事でホルモンや自律神経を整える

運動で血行促進・ダイエット

更年期に腰痛がひどいという人は、姿勢が悪かったり、太りぎみの人に多くみられる症状です。

そのため、毎日姿勢を正すように気を配ったり、少しずつのダイエットを始めた方が良いかもしれません。

腰のストレッチをしたり、毎日少しずつウォーキングをするなどして、姿勢チェックをしたり、ダイエットを無理しない程度に毎日習慣づけることで血流が良くなり、腰痛だけでなく様々な更年期症状に効果がでてくる可能性があります。

また、腰痛や更年期症状の1つでもある骨粗しょう症も運動をすることで改善されていくはずです。

どのような運動をするにも無理は禁物なのでできることから少しずつやってみましょう。

漢方薬で更年期症状を軽減

更年期の症状を和らげる際、体への負担が少ない漢方薬を用いることも効果的です。

自然のものからできているので心配はありませんが、薬品と同じように人によって合うものや合わないものがあったりするため、副作用が現れる場合もあります。

漢方を使用する際は医師や薬剤師に相談したり、よく調べてから購入するのが1番です。

病院でも処方してもらえますし、漢方薬局やドラックストア、ネットでも購入できるので気になる方は是非試してみてください。

更年期の漢方に関してはこちらの「更年期障害に効くオススメの漢方は?知っておきたい5つの漢方薬」で詳しく説明していますので参考にしてみてください。

更年期障害に効くオススメの漢方は?知っておきたい5つの漢方薬

食事でホルモンを整える

更年期の腰痛の原因は女性ホルモンの変化によるものでした。

その女性ホルモンの乱れを改善するために必要なものの1つが栄養です。

そんな女性ホルモンのエストロゲンの分泌を助けてくれる成分には、カボチャやアーモンドなどのビタミンEや、サンマやカツオなどのビタミンB₆など、多くのビタミン類に多く含まれています。

さらに、エストロゲンに似た働きをすることで知られている大豆イソフラボンは、納豆や豆腐、豆乳などに含まれています。

この大豆イソフラボンは、毎日の摂取量を守らないとホルモンバランスの乱れが悪化することもあるため、毎日食べ過ぎないように注意する必要もあります。

大豆イソフラボンを効果的に摂取したい場合、サプリメントもありますのでこちらの「大豆イソフラボンサプリ比較ランキング!おすすめの選び方と注意点」をご覧ください。

大豆イソフラボンサプリ比較ランキング!おすすめの選び方と注意点

まとめ

更年期の腰痛はホルモンの変化によるものが多いのですが、それだけではないため自分の体調と日々相談しながら行動しなくてはなりません。

更年期には色んな体の不調や精神面での変化があり、ストレスを溜めても腰痛の症状が悪化する場合もあるので、気分転換をしながら更年期に負けないよう対策をしていきましょう。