更年期向けのサプリメントを選び方がわからず悩んでいるかたも多いのではないでしょうか?

今でこそ、それなりにサプリメントに関しては詳しいと自負している私ですが、以前はいろいろな更年期向けのサプリメントから一般的なサプリメントを沢山試してきました。

それこそ数十種類は。。

普通

その経験を元にここでは、更年期向けのサプリメントを選ぶ際の注意点やポイントなどを紹介していきます。

選び方がよくわからないという方に少しでも参考になればなと思います。

更年期向けのサプリメントを選ぶ際のポイント

更年期向けのサプリメントを選ぶ際のポイントは

  • ホルモンバランスを整える作用がある原料(成分)が配合されている
  • 飲みやすさ
  • サポート成分が配合されている
  • 原料(成分)の品質管理
  • 継続できる価格かどうか

この5つを抑えてもらえれば問題ありません。

ホルモンバランスを整える作用がある原料(成分)が配合されている

更年期で不調になってしまう1番の原因は、更年期に女性ホルモンが減少し、ホルモンバランスが乱れてしまうためです。

そのせいで自律神経が乱れ、イライラ、疲労感、頭痛、ほてり、冷えなどの症状がでるのです。

なので、更年期向けのサプリメントを選ぶ際はこの女性ホルモンの乱れを整えてるくれる作用がある成分や原料が使われているサプリメントを選ぶようにしましょう。

特に良いとされる原料(成分)はこちらの

  • 高麗人参・田七人参(サポニン)
  • 大豆イソフラボン
  • エクオール
  • プラセンタ
  • マカ

5つです。

高麗人参・田七人参はサポニンが豊富

期待できる主な作用

  • 疲労回復
  • 冷え性、むくみ改善
  • 自律神経・女性ホルモンの乱れを整える

高麗人参や田七人参には、たくさんの健康成分が含まれていますが、その中でも特にサポニンという成分が更年期の不調に働きかけてくれる成分です。

サポニンを摂取することで、女性ホルモンの減少を穏やかにしてくれたり、自律神経のバランスを整えてくれる作用が期待できます。

そんなサポニンが含まれている高麗人参でも特に韓国産のプンギ産の6年根が最もサポニンの含有量が多いので、選ぶ際は、高麗人参や田七人参の種類についても見てみてください。

→サポニン配合のサプリ比較

大豆イソフラボンはイソフラボンが豊富

期待できる主な作用

  • 美容
  • 抗酸化作用
  • 自律神経・女性ホルモンの乱れを整える

大豆イソフラボンは昔から有名なので、すでに豆腐などの大豆食品から摂取しているという人も多いかもしれません。

ちなみに大豆イソフラボンには、ポリフェノールの一種であるイソフラボンという成分が多く含まれており、これが女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをしてくれることから、女性にはおすすめの原料です。

大豆製品に多く含まれているためサプリなどで摂取する人は少ないですが、吸収率などを考えるとサプリでの摂取もおすすめです。

→おすすめ大豆イソフラボンサプリ比較

エクオールはサプリがおすすめ

期待できる主な作用

  • 骨粗しょう症の予防
  • 抗酸化作用
  • 自律神経・女性ホルモンの乱れを整える

エクオールは、上記の大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が腸内細菌によって代謝されてできる成分です。

なので、実は最近の研究では上記の大豆イソフラボンよりもこのエクオールを直接摂取した方が、より『エストロゲン様作用』が強くでることがわかっています。

私の個人的な感想としては、エクオールを直接つくることができな人の場合、大豆イソフラボンを摂取するよりもエクオールをサプリなどで摂取した方がいいと思っています。

その方がより自律神経の乱れなどにも作用がしてくれるはずですので。

→おすすめエクオールサプリ比較

プラセンタは美容効果も期待できる

期待できる主な作用

  • 美容効果
  • 基礎代謝の向上
  • 自律神経・女性ホルモンの乱れを整える

こちらは更年期というよりは美容などで人気ある成分なので、女性の方なら1度は聞いたことがあるかもしれません。

ただ、このプラセンタという成分、美容効果なども期待できるのですが、自律神経を調整してくれる作用やホルモンの分泌を調整してくれる作用なども期待することができます。

美容も気を使いつつ更年期障害にも気を使いたいという人におすすめの成分の1つです。

おすすめプラセンタサプリランキング

マカはストレスの緩和も期待できる

期待できる主な作用

  • 疲労回復
  • 抗酸化作用
  • 自律神経・女性ホルモンの乱れを整える

マカはどちらかというと妊活されている方や男性の方が摂取する印象があると思いますが、更年期の方にもおすすめの成分です。

特にマカに含まれる特有成分である「ベンジルグルコシノレート」がエストロゲンと同様の働きをすると言われ、ホルモンの分泌を促進・サポートしてくれる働きがあります。

また、ビタミンB群ビタミンCなども含まれているのでイライラなどのストレスを緩和してくれる作用も期待することができます。

おすすめマカサプリ比較

以上が更年期におすすめの成分です。

基本的にはどの成分も、自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れを整えてくれる作用が期待できる成分です。

普通

あとは、ご自身がどんな作用を求めているかでサプリを選ぶポイントも変わってくると思います。

まずは、興味がある成分から試してみてはどうでしょうか?

飲みやすさ

次に、選ぶポイントとしてはサプリメントが飲みやすいかどうかです。

匂いが強かったり、粒が大きすぎてしまうと飲みづらくて結局継続できないで終わってしまう可能性があります。

せっかく購入したのに、飲みづらくて辞めてしまったら勿体無いですよね?

それにサプリメントは更年期サプリに限らず、本来1ヶ月以上が継続した方がいいと言われています。

その理由は、1ヶ月以上は継続しないとほとんど効果などが実感できないからです。

ポイント

なので、飲みやすさなどにも配慮されているサプリを選ぶようにしてください。

サポート成分が配合されている

上記の主成分が含まれているサプリならどのサプリもおすすめではありますが、できればサポート成分が含まれているものを選ぶといいでしょう。

例えば、主成分の吸収率をアップしてくれるビタミン類ミネラルが配合されているサプリはおすすめです。

ポイント

もちろん、主成分だけでも凄い成分はありますが(高麗人参など)プラスαでサポート成分が配合されているかどうかも見てみてください。

原料(成分)の品質管理

こちらは、サプリメントなどの健康食品には必須の条件です。

健康食品はどれも体内にいれるものなので、品質管理がしっかりとしてないものはとても危険です。

普通

ただ、当サイトで紹介しているサプリは基本的にどれも品質管理などはしっかりとしているサプリを紹介しているのでこの点は安心してください。

継続できる価格かどうか

最後のポイントですが、ご自身が継続できる金額かどうかも確認することをおすすめします。

いくら良い成分が沢山含まれていても、金額が高すぎて継続できなかったら購入した意味もなくなってしまいます。

なので、ご自身が継続できる金額をまずは決めてそれからサプリメントを決めるというのも1つの方法です。

ポイント

ただ、金額は関係ない!という方もいらっしゃると思いますので、そのような方は上記の4つのポイントを軸に決めてみてください。

まとめ

普通

以上が更年期サプリを選ぶ際の注意点やポイントです。

私の経験上、上記のポイントを抑えて更年期サプリを選べば失敗することはほとんどないと感じています。

ぜひ、更年期サプリの選び方で悩んでいた方は参考にしてみてください。