「若年性更年期障害」というのを聞いたことがありますか?

更年期というと大体50代くらいの女性がなるイメージが強いですよね。

しかし、近年では若いうちから更年期の症状が現れるといったケースもあり、若い人の更年期を「若年性更年期障害」と呼びます。

普通

ここでは、その「若年性更年期障害」がどのようなもので、どんな影響があるのか、対策も踏まえてご紹介します。

若年性更年期障害とは20代や30代で見られる更年期に似た病気

女性は、大体50歳前後で閉経を迎えます。

その閉経を挟んだ前後5~10年間を「更年期」と呼ぶのですが、閉経の時期には個人差があり、40代前半で何らかの症状が出てくる人もいます。

それでも早く感じる人もいるかもしれませんが、実は近年ではもっと早い20代や30代でも同じような症状が現れ、病院で「若年性更年期障害」と診断される女性が増えてきています。

若年性更年期障害の主な症状と原因

若年性更年期障害といっても症状は加齢による更年期障害の症状とあまり変わりはなく、

ホットフラッシュやのぼせ、ほてり、動悸、息切れ、汗などの症状がみられます。

他にも、精神面でめまいや立ちくらみ、耳鳴り、イライラ、不眠、うつといった症状があります。

更年期同様、これらは女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が関係していて、卵巣機能が弱まってしまうことで起きてしまいます。

本来であれば若いうちは女性ホルモンが活発なはずなのですが、

ストレスや生活習慣の乱れ、過度なダイエットなどが原因でエストロゲンが減少してしまうのではないかと考えられています。

この状態を放置してしまうと、生理不順が起き、将来不妊に悩まされる可能性もあるのです。

女性なら誰でも知っている、生理中に起こる「PMS(月経前症候群)」がありますが、

更年期とPMSは似ている?症状を改善するための4つの栄養素

これも頭痛や腰痛、イライラ、うつなど似たような症状があります。

しかし、このPMSは生理周期に合わせて毎回やってきます。

若年性更年期障害は周期関係なく症状が現れるので、似ているようで違います。

判断が難しい部分もあるため、1度婦人科へ受診することをおすすめします。

若年性更年期障害の改善と対策方法

若いうちに更年期だと知ってしまうと悲しいですよね。

しかし、若いからこそまだ希望があるのは確かです。

将来結婚して子どもを産むことが女性は憧れます。

不妊症にならないためにも、早いうちから改善して、良い人生を送りたいものです。

実際にできる改善、対策方法をご紹介します。

  • 病院での治療
  • 漢方薬での治療
  • ダイエットや食べ過ぎに注意
  • 睡眠をとる
  • ストレスを溜めない

以上の5つの方法を詳しく説明していきます。

病院での治療

病院で「若年性更年期障害」と診断された場合、医師にすすめられた薬を服用するのはもちろんですが、その中でも、更年期障害でも治療する「ホルモン補充療法」という治療法があります。

主に飲み薬と貼り薬、塗り薬があり、女性ホルモンの分泌量の調整をして整えてくれます。

しかし、薬なので副作用が現れる場合もあるので注意が必要になります。

ホルモン補充療法について詳しくはこちらの「更年期の治療の一つホルモン補充療法のメリットとデメリット」で説明しています。

更年期の治療の一つホルモン補充療法のメリットとデメリット

漢方薬での治療

他の治療方法としては、漢方薬での治療もあります。

漢方薬は、病院での処方はもちろん、漢方薬局でもドラックストアでも、ネットでも購入が可能です。

漢方薬はかなりの種類があるため、病院や薬局で購入の際は医師や薬剤師によく相談してみてください。

更年期症状の改善として主に使用される漢方薬は「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」「加味逍遙散(かみしょうようさん)」「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」です。

更年期の漢方に関する情報についてはこちらの「更年期障害に効くオススメの漢方は?知っておきたい5つの漢方薬」で詳しく説明しています。

更年期障害に効くオススメの漢方は?知っておきたい5つの漢方薬

ダイエットや食べ過ぎに注意

若い女性で最も問題視されるのが過度なダイエットです。

痩せていてももっと痩せたいという願望から、食事をとらなかったり、サラダのみなどのような偏った食生活を送る女性が増えています。

ダイエットをすることで女性ホルモンがうまく働かず、生理不順や更年期症状が現れたり、他にも体調を崩してしまうケースがあります。

反対に、食べ過ぎて肥満傾向にある人も注意が必要で、好きなものばかり食べたり、異常な量を摂取することでもホルモンバランスを崩します。

3食適度な量でバランスを考えた食事をとるように心がけていけば、若い女性ホルモンは活性化されるはずです。

肥満傾向にある人はバランスの良い食事とともに運動も含めて痩せる努力をしていきましょう。

睡眠をとる

若いうちしかできないからと遅くまで遊んだり、仕事熱心で遅くまで残業をしている人が多いと思います。

若いから睡眠時間が少なくても疲れは取れると思っているかもしれませんが、そうではないのです。

睡眠不足が続くと、自律神経の「六感神経」が働いて興奮状態になり、知らない間に体が疲れを起こし、女性ホルモンが正常に働かなくなってしまいます。

できるだけ1日の終わりにはしっかり体を休めて、1日7時間ほどの睡眠時間を確保するようにしてください。

また、毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きるというサイクルも身体の調子を整えるには良いのです。

ストレスを溜めない

20、30代は、人間関係や仕事、家事、育児などあらゆるところでストレスが溜まりやすい環境にあります。

ストレスを溜めこむと女性ホルモンが反応し、生理不順であったり、更年期の症状がでやすくなってしまうのです。

他にも、うつ状態になってしまうこともあるので溜めこむことは良くありません。

分かってはいてもストレスは溜まってしまいますし、自分の時間を作りたくてもなかなか難しいこともありますよね。

無理に時間を作ろうとしてもまたそれがストレスになってしまうこともあるので、空いた時間に少しお茶をしてみたり、友人に電話をしてみたり、ちょっとしたことでリラックスできる環境をみつけてみてください。

「時間が作れなかった」ではなく、今日は「時間ができた」と思えるように、少しのリラックスタイムに幸せを感じてみてはどうでしょうか。

まとめ

若年性更年期障害は、まだ若いうちからの症状なので改善できる可能性もあります。

生活習慣やストレスをなくすことを1番に考え、女性ホルモンのバランスを整えていきましょう。