更年期の辛い症状の
原因の1つに「亜鉛不足」
があると言われています。

 

亜鉛が不足すると
なぜ体に不調が現れるのでしょうか。

 

また、効果的に亜鉛を
摂取する方法と、
その効果について
詳しくまとめてみました。

 

更年期の症状を改善したい方は
ぜひ参考にしてみてください。

亜鉛不足がもたらす影響とは?

woman_think

亜鉛は体の健康バランスに
欠かせない必須ミネラルです。

 

タンパク質の合成や、
骨の発育、新陳代謝の正常化、
ホルモン分泌をサポートする働きがあります。

 

亜鉛が不足してしまうと、
味覚異常や視力低下、
爪や皮膚の異常、
うつ症状など体の機能に
さまざまな悪影響が現れます

 

更年期は卵巣の機能低下により、
ただでさえ女性ホルモンの分泌が
減少してしまうところに、
亜鉛不足の状態になると
ホルモンの働きがさらに弱まっていき、
更年期の症状をどんどん悪化させてしまうのです

亜鉛が含まれる食べものとは?

kaki

亜鉛が多く含まれる
食品として代表的なものは、
牡蠣・うなぎ・ナッツ類・
豚のレバー・チーズなどがあります。

 

特に牡蠣は亜鉛の
含有量が非常に多く、
可食部100g中に
約13.2mgも亜鉛が含まれています。

 

亜鉛はビタミンCクエン酸
一緒に摂ることで吸収力が増すと
言われているので、
牡蠣にレモンやポン酢をかけて
食べるのがオススメです。

 

また、牡蠣には亜鉛以外にも
ビタミンB群やカルシウム、
鉄分などの栄養素も
豊富に含まれており、
海のミルク
とも呼ばれています。

亜鉛サプリメントを選ぶコツ

203568

毎日、牡蠣ばかり
食べるわけにもいかないですし、
食事だけで効率よく亜鉛を
摂取するのはなかなか難しいものです。

 

そういった場合は
サプリメントで補うのも良いでしょう。

 

最近は、様々な種類の
サプリメントが販売されていますが、
どういったものを選べばよいのでしょうか。

亜鉛以外の栄養素もバランスよく配合されているもの

 

亜鉛の吸収率を高める
ミネラルやビタミンなどが
配合されているものを
選ぶことでより高い効果を
得ることができます。

天然成分を使っているもの

天然由来の成分は、
体への負担もなく
吸収率も良いので、
安心・安全です。

 

また、サプリメントは継続して
摂取するものであるため、
出来る限り添加物や着色料を
使用していないものを選びましょう。

 

添加物が多く含まれているものは
アレルギー反応を起こしたり
副作用を起こす可能性が
あるので要注意です

摂取量が調整できるもの

亜鉛は過剰摂取すると、
頭痛や吐き気などといった
副作用を起こしてしまうことがあります。

 

1日あたりの摂取目安量は
10?15mg程度と言われており、
上限は30mgです。

 

1粒に25mgなど
含有量が多いものは、
摂取量が調整しにくいので
避けるようにしましょう。

亜鉛で更年期の症状を改善

woman_69

亜鉛にはホルモンバランスを
整える働きがあり、
ホルモンバランスの乱れからくる、
更年期特有の様々な症状を
緩和する効果があります。

 

特に、脳の機能を高めることで、
更年期に多く現れるイライラや、
不安、気分の落ち込み、無気力などの
精神的症状に作用して、
感情のコントロールを
安定させる働きがあります。

 

更年期の精神的症状に
悩んでいる方には
ぜひ摂取してもらいたい成分です。

まとめ

いかかでしたか?

健康維持に欠かせない
成分である亜鉛は、
更年期の女性に
とっても大変重要な成分です。

 

亜鉛が不足してしまうと
体に様々な悪影響を与えてしまうため、
不足しないよう食品や
サプリメントで積極的に補う必要があります。

 

更年期の不調に悩んでいる方、
ストレスがたまっている方、
最近元気がでないと感じている方は、
ぜひ毎日の暮らしに亜鉛を取り入れてみましょう。

 

辛い更年期を上手に乗り切って、
いつまでも若々しく元気な毎日を取り戻しましょう!