閉経が近づくにつれ、女性は「このまま自分は女でなくなってしまう」と考えてしまったり、閉経を向かえれば「自分はもう女ではなくなった」と悩んでしまうものです。

でも本当にそうでしょうか?

これまで、結婚や出産、育児など、女性として素晴らしい経験を積んできた人こそ「女としての自信」を、持つべきではないでしょうか。

また、仕事に励み、部下や後輩を持ち、実績と経験を積み重ねながら、大人の女性として社会で生きてた人も、女性の憧れの的であったりもしますよね。

閉経や老いとは、誰にでも平等にやってくるものです。

しかし、その後どんな女性になるかは、その人の気持ち次第で、まるで変わっていくものです。

前向きに受け入れることから始まる素敵な人生

更年期、閉経は、女性であれば避けて通れない道です。

私も、あとは時間の問題というところです。

この更年期と閉経を、重く受け止めるのではなく、前向きに受け入れることで、その後のケアや毎日の過ごし方が変わっていきます。

閉経を向かえた私の知人は、「生理が終わって本当にスッキリした!」と言いました。

これは、決して強がりでもなんでもないのです。

これまでの自分や自分の人生に自信があり、これから先の人生に、夢や希望を持っているからこそ言える事なのだ、と私は感じました。

たしかに、この女性も、歳を重ねるごとに、不安や寂しさを感じてきたはずです。

でも、どこかでその現実を受け入れ、前向きに考えるように変わったのでしょう。 

そして、楽になったのだと思います。

老いと同じ様に、若さもまた、誰にでも訪れた素晴らしい時期ですよね。

そんな若さを謳歌してきたのですから、今度は更年期と向き合いながら、自分が楽しいと思える今後に、力を注いでいくことが大切ですね。

生きがいを見つけることが輝くポイント

更年期は、様々な症状に悩まされ、なかなか「さあ!なにか始めよう!」という気持ちには、なりにくいものですよね。

でも、その一歩を踏み出すために、様々な更年期ケアをしている人も、多いはずです。

厄介な症状から解放されるためにも、自分が夢中になれる趣味などを見つけてみると良いですね。

これまでの「夫のため、子供のため、仕事のため」とは違う、自分のための、新たな生きがいを見つけることが、大切です。

また、その生きがいは、大それたことでなくても良く、これまでなかなか時間がなく、できなかった好きな読書に没頭したり、やってみたかったスポーツを始めたりなどいいんです。

お洒落に目覚めてみるのも良いですよね。

私の周りには、50代になって結婚後初のパートを始めたと言って、イキイキしている人もいます。

また、スポーツジムに週5日通っている、という人もいます。

こんな風に、生活の中にちょっとした変化を付けてみたり、自分のための時間を作ってみるだけでも良いんです。

自分が楽しいと思える事を始めるだけでも、つらい更年期症状を忘れてしまう事だって、あるかもしれませんね。

より一層の女磨きをしてみては?

最近の40代や50代は、若々しくキレイな人が多いですよね。

自分の母親世代の40代の時なんかと比べてみると、お洒落やメイク、ダイエットにも敏感で、キレイな自分を保っている人も多いです。

その一方、仕事や家庭に大忙しで、これまで自分磨きなどすっかり忘れていた、なんて人も少なくないでしょう。

でも、更年期になると、女性はどうしてもネガティブな考えに走りがちです。

こんな時、鏡にうつった自分の姿に愕然、なんてことでは、さらにブルーになってしまいすね。

これまで、様々な経験を積みながら生きてきた40代、50代は、内面はしっかり磨かれ、大人の女性になっているはずですよね。

これからは、外見にさらに磨きをかけて、鏡をみるたび明るくなり、スキンケアやメイクが楽しくなる様な自分に変えていくのだって、良いことですよね。

50代になってから、いろんなファッション雑誌を、買いあさっているという人もいます。

また、洋服やメイク道具を買うことが、楽しくてしょうがないという人もいます。

そんな風に、これまでは、なかなか時間を費やせなかった「女磨き」に目覚めるのも、ネガティブ思考の改善につながるかもしれませんね。

女性は誰しも、キレイなものや可愛いもの、華やかなものが、好きなものです。

洋服やメイク道具は、その最たるものでもありますよね。

そんなものを、毎日目にするだけでも、ちょっと幸せな気分になれますよね。

健康面も忘れずに

趣味や女磨きは大切ですが、やはり健康なカラダあってこその人生です。

更年期世代は、なにかと健康に関する数値も上昇しがちです。 

楽しい毎日を送るよう心がける中、健康管理も重要です。

肥満予防や睡眠時間の確保、自分をしっかり休める休息のひと時など、常に健康状態を意識しながら、毎日過ごしたいものです。

バランスの良い食事や運動も取り入れつつ、足りない栄養素はサプリなどで補い、より良い状態で、更年期を乗り切っていきましょう。

まとめ

女性は、年々誕生日を迎えるたびに、ちょっと寂しい気持ちになったり、誕生日なんかどうでもいい、なんてすねてしまいがちです。

しかし、それではダメですよね。

「歳を取ることは悲しいこと」なんて考え方は捨て、どう楽しく、そしていかに健康的に生きていくかを考えながら、歳をとっていきたいものですね。