婦人科で診断される筋腫の中で、最も多いとされる子宮筋腫。

30代女性の発症が多く見られ、症状も少なく発見された時には、ソフトボール大になっていた、、なんて事もある様ですね。

そんな子宮筋腫は、更年期に入ると小さくなると言われるのはなぜなのでしょうか。

子宮筋腫は婦人科の診断で最も多い

子宮筋腫は、子宮筋層内から発生しエストロゲンの働きにより増大する良性の腫瘍です。

30代女性の発症が多いと言われています。

子宮筋腫ができ始めてもその症状はほとんどなく、婦人科での検診でたまたま発見されるという事も多くあります。

ただ、中には過多月経や貧血、下腹部痛などの症状が出て婦人科にかかった際に発見される事もあります。

また、最近では超音波検査が進歩したことで、子宮筋腫を指摘される女性が増えています。

しかしながら、良性腫瘍であるため、すぐに手術という人ばかりでなく、薬物療法や経過観察のみで様子を見るという人も少なくありません。

更年期に入ると小さくなる子宮筋腫

子宮筋腫は上記にある様に、子宮筋層内から発生して、エストロゲンの働きによって増大していくものです。

そのため、エストロゲンの分泌が活発な年齢であれば、その働きにより大きくなっていってしまいます。

しかしながら、更年期に入った女性は、エストロゲンが激減するため筋腫を大きくする要因がなくなるのです。

筋腫が見つかっても、もうすぐ閉経を向かえる可能性の高い年代であれば手術などは特にせず、薬物療法で筋腫の増大を抑え様子を見るという事が多くなります。

そうしているうちに、閉経を向かえ、エストロゲンの分泌が減り、筋腫も小さくなっていくだろうという考えのもと選ばれる療法で、「逃げ込み療法」と呼ばれます。

この様に、更年期に入る女性の子宮筋腫が小さくなるのは、エストロゲンの減少が大きく関わっているのです。

悪性腫瘍の子宮肉腫に要注意

子宮筋腫は閉経後のエストロゲンの減少で大きくなることはなくなります。

ただ、それで安心というわけでもないのです。

筋腫があり、閉経を向かえてもその筋腫が大きくなってしまう場合があります

これは、子宮肉腫である可能性が高く、エストロゲンが減少したからと言って小さくなっていくようなものではありません。

そして悪性の腫瘍となります。

ただ、子宮肉腫は婦人科系のがんの中では最も少ない症例で、子宮体がんが年間1万人に発症しているのに対し、子宮肉腫は年間800人と言われています。

子宮筋腫があっても、閉経したから大丈夫ではなく、カラダに少しでも異変を感じた場合は、医療機関での検査などをしっかりすることが大切です。

エストロゲンは増やさない方が良いの?

子宮筋層内で発生して、エストロゲンの働きによって子宮筋腫が増大してしまうのなら、エストロゲンは増やさない方が良いの? と思ってしまいがちです。

エストロゲンを食事やサプリで摂る

エストロゲンは、女性の健康を保つためには無くてはならないホルモンです。

その分泌が減ってしまうのなら、食事やサプリメントなどで補給してあげる事はとても大切なことです。

減少してしまうエストロゲンを補給したからといって、過剰摂取は別としてそれが子宮筋腫の増大につながることはありません。

また、更年期にはいる女性のエストロゲンの分泌は急激に減ってしまうのですから、外から補給することで過剰摂取になる事はそうありません。

大豆イソフラボンで補える

エストロゲンと同じ働きをしてくれる大豆イソフラボンは、一日に必要な摂取量を目安に毎日摂取した方が良いのです。

女性の一日に必要な大豆イソフラボンの摂取量は40?50?とされています。

この目安量を守りながら、積極的に摂ると良いでしょう。

大豆イソフラボンは、納豆1パック36?40?、豆乳200ccほどで49?、お豆腐1丁44.6?、きなこ大さじ1で16?です。

普通に食事をしていれば、お味噌汁のお味噌や、調味料であるお醤油などにも大豆イソフラボンは含まれます。

バランスの良い食事に、サプリメントなどで補給してあげるのも良いでしょう。

更年期はカルシウムも摂りましょう

子宮筋腫の薬物療法の副作用として、骨密度の低下があげられています。

また、更年期女性は、骨を強く保つ働きもあるエストロゲンが減ってしまうわけですから、骨密度低下の予防として、カルシウムも積極的にとりたいものです。

女性の一日に必要なカルシウム摂取量は1000?とされています。

この1000?のうち、約600?はバランスの良い食事をしていれば自然と摂れると言われています。

そのため、健康的な食事を心がけている人は、残りの400?は乳製品などから摂取すると良いでしょう。

更年期女性は、毎日健康的な食事を摂ることで日々の元気につながっていきます。

まとめ

更年期に入ると、様々な不調に悩まされてしまう事が多くなります。

しかしながら、多くの女性が悩まされる子宮筋腫の進行は止まり、ひとつ心配も減ることでしょう。 

カラダに大きな変化が生じる更年期ではありますが、全ての不調を更年期のせいにせず、定期的に医療機関での受診や検査をして健康なカラダを保ちたいものですね。