40歳や50歳頃の年齢になると40肩や50肩、腰痛等を訴えることが多くなってきます。

肩こりや腰、体の痛も更年期障害の始まりになります。

数多い更年期症状の中でも「肩こり」を覚える人は多いと言われています。

その肩こりが更年期症状なのか、疲れからきているのか、しっかりと見極めて対策を取っていきたいです。

これらのメカニズムを解明し、辛い肩こりのいろいろな解消方法についてご紹介していきます。

あなたにピッタリの解消方法を見つけてくださいね。

肩こりも更年期障害の一つ

更年期障害には

  • ほてり
  • 発汗
  • 肥満
  • 頭痛
  • めまい

等、たくさんありますが現在はホットフラッシュより肩こりの訴えの方が多いようです。

肩こりの症状

肩こり等の痛みの症状は、肩や首、背中の筋肉が岩のように固くなり凝ります。

この状態になると重圧を感じ頭が痛くなったり、胸が悪くなったりする症状が伴います。

更年期症状で「肩こり」を覚える原因とは

更年期の肩こりや体の痛みは関節や筋肉、骨の衰えが原因の一つになります。

ほかにも女性ホルモンの分泌の減少が血流の流れを悪くし肩こりや腰痛、体の痛みの原因になります。

筋肉は酸素不足や栄養不足になると僧帽筋等が固くなる性質があります。

また加齢による筋肉量の減少が肩こりや腰痛を起こしやすい状態にします。

カルシュウム不足や骨の障害、猫背や肥満が筋肉や関節の負担になり、痛みが出てきます。

このように様々な原因が重なって体の痛みとして現れるのです。

エストロゲンの減少

また、更年期を迎えると女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌量が減少し、

→自律神経と深く関わる2つの女性ホルモン、プロゲステロンとエストロゲン

自律神経の働きが乱れることで全身の血流が悪くなり、体が硬くなるだけでなく更に年齢を重ねると誰でも筋力が衰えるため肩こりを感じやすくなるのです。

また更年期症状の一つで「眼精疲労」を起こす人もいますが、

→更年期に加速する眼精疲労、ドライアイの原因と4つの対策

眼精疲労は目の周りの血流が悪くなっている証拠で、目に近い肩の血流も悪くなり肩こりを感じることもあるようです。

今まで肩こりを経験したことがない人でも発症すると「更年期症状」なのか「疲れ」なのか迷う所です。

あまりにも肩こりの症状がひどい場合、症状が頻発する場合は脳の病気やうつ病、頸椎椎間板ヘルニアなどの可能性もあるため早めに病院に受診した方がいいでしょう。

肩こりを軽減させるための対策・解消法

肩こりは女性ホルモンの減少で血液の巡りが悪くなり、肩の筋肉がこわばり痛みが伴います。

辛い肩の痛みに有効な解消方法をご紹介していきます。

体を温める

肩こり解消方法として、体を温め血流を促進させることが有効です。

シャワーだけで済ませていませんか?お風呂にゆっくりつかり体の芯から温まることが凝りに効きます。半身浴もおすすめです。

また、温シップや湯たんぽ、蒸しタオルなどで痛い場所を温めると血流が促進され筋肉がほぐれます。

軽い運動をする

筋肉をほぐすには、ラジオ体操ストレッチなど軽い運動で筋肉の緊張を緩和、血行を促進しリンパも流れやすく肩こりや腰痛を改善します。

肩や腰を動かすエクササイズを是非取り入れ、痛みのない生活をめざしましょう。

お風呂上がりの血行が良くなっているときの運動が、さらに有効に働きます。

定期的に指圧やマッサージ

指圧やマッサージ、鍼灸は強張った筋肉や緊張をときほぐす働きがあります。

肩こりや腰痛がひどくなる前に定期的に通院されるのがオススメです。

長時間同に姿勢をとらない

仕事で長時間同じ姿勢を続けると、筋肉が強張り痛みにつながります。

こまめに休憩をとり肩や腰を動かすなどして、筋肉が強張らないようにしましょう。

また痛い場所に負担をかけない姿勢をとるなど、工夫することも大事です。

長時間パソコンを眺めていると目の疲れから肩に負担がかかり注意が必要になります。

肩こりや文字がかすむ等眼精疲労からの肩こりもあります、一度眼科で診てもらって下さいね。

高血圧や骨粗しょうかも

高血圧や脳の病気がある場合も肩こりが起こります。

また腰痛も骨粗しょう症などからくることもあります、心当たりがある方は専門医にご相談して下さい。

肩こりや腰痛におすすめの食材や方法

肩こりや腰痛を緩和するには、血行を良くする食べ物を摂ることが有効になります。

DHAやEPA 

クロマグロやサンマ、ウナギやハマチに多く含まれています。

血液をサラサラにして血流がスムーズに流れると、血行が良くなり肩こりや冷えが緩和されます。

カルシウム

煮干しやゴマ、サクラエビや乾燥ヒジキに多く含まれています。

カルシウムは丈夫な骨を作り、骨粗しょう症を予防します。

また筋肉の緊張を改善する効能があります。

ビタミンB1

豚肉やウナギ、ハムや小麦胚芽、大豆などに多く含まれています。

筋肉中の乳酸の蓄積を防ぎ、疲労感を和らげてくれる働きがあります。

上記の食材は肩こりや体の痛みを予防する効果があります。積極的に摂るよう心がけましょう。

アロマテラピーで癒す

肩こりや腰痛にアロマテラピーが有効です。

アロマオイルはストレスを緩和し、自律神経を整え血流も改善させる効果があります。

ブラックペッパー

未熟な胡椒の実を乾燥させ抽出したオイルで、スパイシーな温かみのある香りです。

末梢の血流を増やし局所的に温める効果があり、インドや中国では古くから治療薬として使われています。

肩こりや冷え、腰痛や筋肉痛などに効果があります。

ジョニパーベリー

古くから浄化作用があることが知られ、お酒ジンの香り付けで有名で軽いウッディーの香りです。

新陳代謝を高め、体内から老廃物を排出する作用がります。

むくみや肩こり、筋肉痛や腰痛、関節痛など血液が滞って老廃物が溜まっている状態を緩和してくれます。

マジョラム・スイート

かすかにススパイシーな温かみのある香りです。

副交感神経に働きかけ、自律神経を調整する効果があり、ストレスを感じた時心を楽にする働きがあります。

血行促進作用で冷えやむくみに役立ち、筋肉痛や肩こりの痛みを和らげる効果があります。

更年期症状の肩こりには漢方薬もおすすめ

更年期の症状に良いとされる漢方薬でも特に田七人参は中国雲南省に自生している薬草です。

漢方薬に使用するのは根の部分になります。

田七人参は収穫までに3年から7年かかることや、一つの節から3本の枝が伸びその先に7枚の葉が付くので三七人参といわれています。

中国の民の時代から効能が知られ、金にも代えがたい程貴重なものといわれ、金不換と呼ばれています。

田七人参には高麗人参の3倍以上のサポニンが含まれ、薬用人参の王様と呼ばれています。

また、ファイトケミカル系の有効成分、サポニン配糖体が豊富に含まれ、それぞれが異なる働きをするジンセノサイドなどの成分も含まれています。

また、田七人参特有のデンシチンも含まれ、止血作用と鎮静作用があります。

この様に田七人参には更年期の不調を緩和する素晴らしい有効成分が含まれています。

更年期の症状緩和成分

  • サポニン(ジンセノサイド):体の疲れや倦怠感、肩こりやのぼせ、多汗や冷え、むくみの緩和
  • ビタミンC:ストレスに抵抗する力、イライラ防止
  • ビタミンB群:不正出血や生理不順、ドライマウスやイライラ防止、潤緩和やストレス防止、不眠の緩和
  • ビタミンE:めまいや耳鳴りの緩和
  • マグネシウム:頭痛緩和
  • 鉄分:イライラ防止
  • 亜鉛:頻尿や尿漏れ防止、うつ症状の緩和

田七人参には更年期障害の素晴らしい効果効能が有りオススメの漢方薬です!

その他の漢方薬についてはこちらで詳しく解説しています。

更年期障害に効くオススメの漢方は?知っておきたい5つの漢方薬

まとめ

更年期障害肩こりのメカニズムといろいろな解消方法についてご紹介しました。

肩こりの痛みは更年期の症状の始まりです。

ホルモンバランスの乱れから血流が悪化し、肩の筋肉が酸素や栄養不足になり凝り固まって痛みがあらわれます。

またパソコンなど仕事で同じ姿勢を長時間していると肩こりの原因になります。

肩こりは嘔吐や頭痛まで起こす辛い症状です。

是非少しでもこの記事を参考にして頂き肩こりの対策や予防をして、あまりひどくならないよう心掛けてほしいと願っております。