40代、50代になれば、更年期の様々な症状に悩まされますが、いつからが更年期?どんな症状が出始めたら更年期なの?と、考えてしまう事ってありますよね。

更年期は人によって違いはありますが、初期、中期、後期と、だいたい3段階で症状があらわれてきます。

初期段階で早めの対策をとれば、その後の悪化を防ぐことができるかもしれません。

更年期症状 初期

更年期の初期症状は、生理不順や物忘れ、頭痛、めまい、不眠などから徐々に始まり、気分も落ち込みがちになります。

ただ、初期であって生理もまだあるため、この時点で更年期を受け入れる人ばかりではありません。

「疲れているのかな?」「風邪かな?」なんて、単なる体調不良だと思い、やり過ごしてしまう人もいるでしょう。

物忘れは、人の名前が出てこなくなったり、ものの名前を忘れてしばらく思い出せなかったりなどで、「歳かしら?」なんてよく言ったりもしますが、これも更年期症状のひとつと言えます。

こんな物忘れや生理不順は、多くの更年期女性にあらわれる症状で、それほど深刻なものではありません。

ただ、気分の落ち込みや不眠は、毎日の生活の質を落としてしまいます。

なんとなくやる気が出ないし、何がという明確な理由がなくても、常に不安で心細かったりと、なかなか元気で前向きな精神状態を保つことが、できなくなってしまいます。

また、不眠症状が続いてしまうと、集中力も散漫となりますし、頭痛やめまいの悪化にもつながってしまいます。

初期とはいえ、これまでの元気な自分とは、明らかに違う体調となってしまうのです。

ただ、初期段階はまだまだ改善の余地がありますので、小さな変化に気づいたら、更年期を疑い、早めの対策とることが大切です。

更年期症状 中期

中期になると、更年期の初期症状に加え、ホットフラッシュや多汗、動悸などもあらわれ、精神的にもイライラしてしまう事が増えたり、倦怠感もこれまで以上に増してしまいます。

こうなってしまえば、更年期に立ち向かっていく気力も、なかなか出すことができなくなってしまいます。

イライラしてしまう事が続けば続くほど、それがまたストレスとなり、更なる更年期の悪化へとつながってしまう可能性もあるので、この中期は精神的なケアも重要になってきます。

ホットフラッシュの改善や、めまい、頭痛などを軽減するケアと同時に、リラックスできる時間をたくさん作って、安定した精神状態を取り戻すことが大切です。

体調を整えるためには、「絶対に良くなるんだ」という気持ちが必要ですが、落ち込みがちであったり、常にイライラしていては、そんな気持ちになる事もできませんよね。

更年期症状の中期は、自分をいたわることを第一に考える、ということが改善のポイントになるかもしれませんね。

更年期症状 後期

血管や細胞を、若々しく健康的に保つ作用のあるエストロゲンは、コレステロールを排除したり、代謝を活発にさせる働きもあります。

そのため、このホルモンが分泌されなくなることで、後期は肥満や動脈硬化などになりやすくなります。

それによって、脳梗塞や心筋梗塞、高血圧などの、生活習慣病を発症してしまうことも少なくありません。

更年期は、病気というわけではありませんが、後期にもなると病気になりやすいカラダになってしまいますので、更年期のケアと同時に、生活習慣病予防も必要になってきます。

この他にも、頻尿や膣乾燥と委縮、肌トラブルなども起こりますので、これまで以上のスキンケアや頻尿対策などもしていかなければなりません。

初期症状に気づいたら

年齢的にも、「この症状はもしかして」なんて思った時から、すでにケアをしていきましょう。

更年期のつらさは、なかなか周りにはわかってもらえないものです。

だからといって、体調の悪さをこらえ、無理する事はありません。 

今後の自分の健康のためにも、周囲にはなるべく更年期であることを伝え、カラダを休ませながら仕事や家事をすすめましょう。

「私が頑張らなければ」などと考えず、肩の力を抜いて、少々気楽に毎日を過ごすのも大切なことですよね。

大豆製品を積極的に摂取

エストロゲンが減少することで、更年期はカラダや心が、これまでの様にいかなくなってしまいます。

このエストロゲンを補うという意味でも、大豆イソフラボンをしっかり取り入れる事が大切です。

バランスの良い食事を心がけ、太り過ぎを防ぎながら、大豆製品なども十分に摂りましょう。

運動や趣味を取り入れて程良い刺激を

更年期は、イライラしたり不安になったりと、心はいつだって落ち着きません。

そんな状態を改善して、前向きに更年期と付き合っていけるように、心やカラダに程良い刺激を与えてあげるのもよいですね。

新鮮な気持ちになれば、心は自然と元気になり、安定した精神へと改善されます。

また、運動なども取り入れ、筋肉を動かすことで、自律神経も整いやすくなっていきますので、不眠などの改善にも効果的です。

趣味や運動の時間を増やして、自分自身を刺激してあげましょう。

まとめ

更年期は、女性なら誰しも通る道です。

早い段階で気づき、そしてそれを受け入れて、しっかりケアしていきたいですね。