更年期になると、女性はカラダや心に様々な不調を抱えてしまいます。

加齢によるエストロゲンの減少や、健康や美を保つための様々な成分の減少などで、肌にも影響が出てきてしまいます。

そのため、更年期女性は皮膚トラブルを抱える人も少なくないのです。

本来、キレイに保ちたい肌にトラブルが出てしまうなんて、なんだか悲しいですよね。

でも、歳だから仕方がないとあきらめずに、原因を知って、しっかり対策をとればいつまでも美肌を保つことができるのです。

更年期の皮膚トラブルの原因

更年期に入る40代、50代の女性は、肌の老化やトラブルが絶えません。

その1つは、美肌成分の減少による、シワやたるみ、くすみです。

肌を美しく保つ美肌成分には以下のようなものがあります。

コラーゲン:肌のハリや潤いを保つ重要なものです

エラスチン:コラーゲンの構造をしっかり保つために支えます

ヒアルロン酸:保湿に欠かせない成分です

加齢により、エストロゲンが減少することで、美肌成分を作り出す繊維芽細胞という肌細胞の働きが、低下してしまいます。

その結果、美肌成分のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成がスムーズにおこなわれず、これら美肌成分が減少して、シワやたるみ、くすみなどがあらわれてしまいます。

そんな肌トラブルは顔だけではなく、カラダだって同じことです。

更年期女性に多い、皮膚トラブルは脚や腕、背中などの痒みや赤みです。

これは、肌を守る働きのある角質層の異常が原因です。

角質層とは、表皮、真皮、皮下組織の3層からなる肌の一番外側にある層で、顔、カラダの皮膚どこにでも存在する大切なものです。

この角質層は、ブロック状の角質細胞と、それを繋ぎあわせる細胞間脂質とで成り立って、表皮を覆い、肌をしっかり守っています。

そんな角質は、古くなると自然と剥がれ落ち、また新しい角質が肌を守り、キメを整えます。

この繰り返しが、良く言われる肌の新陳代謝、ターンオーバーというものです。

このターンオーバーは、通常28日周期でおこなわれます。

しかし、加齢によりその周期は乱れ、ひどい人では、このターンオーバーに40日以上もかかってしまうんです。

その結果、肌はバリア機能を失い、様々な不調が起こってしまいます。

更年期皮膚トラブルの症状

バリア機能が低下してしまった肌は、紫外線や乾燥した空気などの刺激を直に受けてしまいます。

また、肌内部の水分を保つこともできなくなり、乾燥が進みます。

そのために、痒みや赤みなどの症状に悩まされてしまうのです。

特に、皮膚の薄い背中や腕は痒くなりがちです。

また、かいてしまえば、赤みや傷となり、見た目にも痛々しくなってしまいますね。

顔も、しわやたるみ、くすみだけでなく、痒みや赤みの症状が出てしまうこともあります。

また、40代、50代になって、吹き出物が増えてしまう人だっているのです。

ターンオーバーが乱れ、肌のバリア機能が低下する事で、多くのトラブルにみまわれてしまうのです。

コラーゲンやヒアルロン酸などの成分が減少してしまう事で起こる、老化肌に加えて、痒みや赤みが起きてしまうのは、とてもつらいことです。

更年期の皮膚トラブル4つの対策法

更年期の皮膚トラブルは、しっかり対策をすることで予防、改善ができます。

あきらめず、毎日コツコツと努力をする事が大切です。

更年期の皮膚トラブルを予防、改善する対策法を4つご紹介します。

バスタイムのケアと保湿がポイント

カラダや顔が痒くなってしまう大きな原因は、肌のバリア機能の低下です。

そのバリア機能を、自分で奪ってしまう行為があります。

それは洗いすぎなんです。

顔を、洗浄力の強いクレンジングなどで、擦り過ぎる。

カラダを、毎日ボディソープと洗浄専用パフなどで、しっかり洗ってしまう。

そんな事をしていませんか?

それでは、角質層は壊れ、バリア機能が低下してしまいます。

顔を洗う時は、肌に優しいクレンジングや洗顔フォームを使用し、優しく丁寧に洗いましょう。

泡洗顔の場合は、指よりも泡を動かすと良いでしょう。

カラダを洗うパフやタオルは、刺激を与えづらいものに替え、ボディソープも無添加のものなどを使用してみましょう。

また、毎日石鹸を使用せず、週に何回かは、シャワーなどで流すだけにしてあげても良いでしょう。

お風呂から上がったら、顔のスキンケアだけではなく、カラダもしっかり保湿します。

ボディークリームやジェルでのケアも良いですが、まずはカラダにも化粧水をつけて、そのあとクリームやジェルを塗りましょう

ビタミン類を摂取

更年期は、肌の新陳代謝、ターンオーバーがうまくいかなくなってしまいます。

そのため、新陳代謝促進作用のあるビタミンCを摂ることが大切です。

また、皮膚や粘膜を健康に保ったり、肌や髪の毛にハリや艶を与える効果のある、ビオチン(ビタミン7)も良いですね。

ホルモンバランスの乱れが原因で起こる、皮脂の過剰分泌による吹き出物には、皮脂を抑えるビタミンB2も良いでしょう。

紫外線から肌を守る

紫外線は、一年中私たちに降り注ぎ、肌を攻撃します。

夏は日焼け止めクリームなどのケアに加えて、帽子や日傘が必要です。

秋冬であっても、肌が出る部分は、日焼け止めを塗りましょう。

十分な睡眠をとる

成長ホルモンは、大人になってからも分泌されます。

これは、一日の疲れたカラダや、働きの低下した肌細胞などを修復する、大切なホルモンで、別名若返りホルモンとも言われています。

この成長ホルモンは眠っている間に分泌されるものですから、睡眠不足では、十分に分泌されません。

しっかり、眠って成長ホルモンの分泌を促し、健康的な肌に整えましょう

痒みがひどい場合は医療機関へ

痒みがひどく、赤みやブツブツなどの症状などがなかなか改善されない場合は、すみやかに皮膚科を受診しましょう

かいてしまった傷口からの、感染症なども心配です。

また、医師に相談しながら、セルフケアの同時進行も必要です。

まとめ

痒みは、寝つきを悪くしてしまったり、夜中に目を覚ましてしまったりと、睡眠の質をも下げてしまうものです。

しっかりと対策をとって、改善して、健康的な肌を保ちたいものですね。