歳とともに訪れる更年期ですが、独身女性の方が早く来るとか、症状が重い、なんて話を聞いたことはありませんか?

歳を重ねるごとに、エストロゲンが減少していくことで起こる更年期症状に、本当に既婚、未婚という理由で違いがあらわれるのでしょうか。

もし、そうだとしたら、なんだかちょっと不安になってしまいますよね。

最近は、独身を貫く女性や、晩婚女性が増えていますので、本当のところどうなのか、更年期の原因と合わせてご紹介していきます。

美意識の高さが更年期を早める?

独身女性は、自分の力のみで生活を支えている、なんて人が多いですよね。

仕事の関係で多くの人と接する事もしょっちゅう、また、家庭に縛られることもないので、夜や休日も予定でいっぱい、なんて生活を送るものです。

そのため、外見へも磨きをかけ、自分をいつまでもキレイに保つ、という人も少なくないでしょう。

美意識が高いため、ダイエットなども、結果がでるまでしっかりおこなったりして、30代や40代であっても、少々無理をする人は多いことと思います。

そのため、過酷な食事制限などで栄養不足に陥り、ホルモンバランスが乱れやすくなる、ということがあります。

更年期が近い年代の栄養不足は、深刻です。

30歳を過ぎるころから、卵巣機能の低下は徐々に始まり、大切なエストロゲンの分泌も自然と減っていきます。

そこへ加えての栄養不足で、エストロゲンの減少は、急激に進行してしまいます。

その結果、更年期障害が早まる、ひどくなる、ということがあります。

ただ、これは独身ということが、直接的な原因になっているのではなく、年齢に合わない過度なダイエットをしたがゆえの事です。

美意識が高いということは、女性にとって、とても良いことではありますが、ダイエットのやり過ぎに注意し、健康的に過ごせば、心配する問題ではありません。

年齢への不安が更年期を近づける?

更年期が見え隠れする30代や40代の独身女性は、一人という寂しさを、これまでより強く感じたり、実感してしまう事も多いでしょう。

また、歳をとるごとに、老後への不安なども抱える様になり、心は知らぬ間に、大きなストレスを受けているものです。

そのストレスが、自律神経やホルモンバランスを乱し、更年期のような症状が出てしまったり、更年期症状をひどくする原因となることが、あるとも言われています。

でも、これもまた、独身ということからくるストレスのひとつが原因であり、独身だから更年期が早い、というわけではありません。

現に、既婚女性も、家庭内でのストレスにより調子を崩し、更年期障害がひどくなる、というケースも多々あります。

また、いつでも夫や子供のためにやらなければいけない事も多く、自分の時間をなかなか作ることができずに、ストレスを溜め込んでしまう人だっていますよね。

更年期の早い遅い、症状の重軽度に既婚、未婚であるということは、特に関係なく、生活環境でのストレスが、なによりの原因になるのではないでしょうか。

私の周りには、40代50代の独身女性が多くいますが、それぞれ時間やお金をうまく使い、独身を謳歌し、更年期とは無縁の生活をしている人もいます。

既婚者であっても、肩の力を抜いて、楽しみながら生活をしている人は、更年期症状に押しつぶされる、なんてこともなさそうです。

ただ、陰ではみんな、なにかと健康維持のため、努力を惜しんでもいないでしょう。

独身女性の方が更年期が軽いという説も!?

上記にもあるように、既婚者であっても独身であっても、ストレスと無縁であり、また健康に気を使って生活している人は、更年期症状にひどく悩まされるということもなさそうです。

ただ、そんな風に自分の健康を第一に考え、実行できるのも、ストレスを発散する時間を自由に作れるのも、既婚者よりも独身女性の方が簡単でしょう。

家族の夕飯の時間を気にしたり、夫や子供に対する悩みや不満などを抱えないですむ独身女性は、いつでも自由気ままに過ごせることが多く、既婚者よりもストレスが溜まらないということです。

楽しむ時間や自分のために使える時間を多く、ホルモンバランスも安定するのでは?という考えです。

確かに、既婚者の私は時折、独身時代の自由奔放な生活を懐かしみ、小さなため息を漏らす時があります。

どちらもストレスを溜めないことが大切

既婚女性は、妊娠、出産を経験することが多いため、その分生理回数も減り、卵巣機能の低下が遅くなるという考えもありますが、これはどうでしょう?

結婚出産育児経験のある主婦であっても、40代前半や中盤で、ひどい更年期に悩まされてしまう人も多くいます。

独身女性が、一番気にかける問題かもしれませんが、特に心配する問題ではなさそうです。

更年期になる40代、50代であれば、誰でも卵巣機能の低下は始まり、エストロゲンの減少も同じ様に起こります。

そこへ、既婚、未婚はなく、それまでの生活の中で受けてきたストレスや、健康維持をどれほど怠ってしまったかが、大きな原因になるように私は思います。

独身だからと心配するのではなく、ストレスや不摂生がつらい更年期をまねくのだ、という考えに変え、独身女性も既婚女性も、自分を大切にすることが、とても大切ですね。

まとめ

ストレスは、思いもよらないカラダの不調を、まねくものです。

病気ではないから、と放っておくのではなく、病気や更年期障害を防ぐためにも、ストレスの発散はとても重要、と考えられると良いですね。