更年期症状を和らげてくれる、更年期女性のためのサプリは、長く飲み続けて効果を実感したいですよね。

でも飲み続けるとなると、心配なのが副作用があるのか、という事。

せっかく自分の健康のためにと、摂り入れたサプリなのに、副作用を気にしながら、不安を抱えて飲み続けるのは、なんだか気がひけてしまいます。

悪い噂や、気になる情報を、なんでも簡単に、目や耳に出来てしまう時代です。

惑わされずに、正しい情報のもと、しっかり判断して選んでいきたいですね。

更年期サプリの副作用ってどんなもの?

本来副作用とは、薬を飲んで治療する過程で、他の病気を引き起こしてしまう事を言います。

しかし、最近ではサプリメントに対しても、この副作用という言葉が、使われるようになりました。

それだけ、多くのサプリが出回り、それにより、カラダの不調を起こしてしまっている人も多いのでしょう。

サプリで、副作用だと言われる、多くの病気は、肝臓や腎臓の不調です。

ただこれは、様々なサプリを大量摂取した人や、添加物や化学合成物質の多く含まれるサプリを大量に摂取した人が、それにより、肝臓や腎臓に負担をかけ過ぎてしまったことが、大きな原因です。

ひとつの良質なサプリを、用法、用量を守って摂取していれば、さほど副作用を心配することはないと、考えられます。

ただ、更年期サプリなど、ホルモンバランスに働きかける様なサプリでは、カラダに変化があらわれたり、栄養素がギュッと濃縮されたようなサプリでは、アレルギーなんて事も、まれに起こるようです。

また、更年期サプリに限らず、「サプリを飲んだら胃が痛くなった」「胃が重くなった」という様な人も、少なくないようです。

これは、空腹時などに濃縮された栄養素を、一気に摂ってしまう事で起こるのでは?と、言われています。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、更年期のサプリの主成分としては、とてもポピュラーなものですよね。

エストロゲンに近い働きをすることで、更年期症状の軽減や更年期女性の悩みを改善してくれると、期待できるものですね。

この作用によって、人によっては生理周期が短くなったり、生理期間が長くなったりという事もあるようです。

また、生理の経血量が増える、ということもあります。

この様な症状は、続くわけではなく、少しずつ治まっていくものです。

大豆イソフラボンは、食事からの摂取であれば、特に心配するようなことはありません。

しかし、サプリでの摂取は30?に抑えるよう推奨されています。

プラセンタ

女性のホルモン分泌を、促す作用があることから、更年期症状軽減のために、摂り入れている人も多いですよね。

そんなプラセンタは、豚や馬などといった動物の胎盤から抽出するため、製造過程での滅菌などは、細心の注意を必要とされます。

そのため、プラセンタ製品の質は、高いものが多いと言われています。

大きな副作用の報告もされていなく、大豆イソフラボンと同じように、生理周期が変化したり、生理の経血量が増えることが、人によってはあるようです。

ただ、この症状も、時間とともに治まっていきます。

また、馬プラセンタは、豚プラセンタよりもアミノ酸やタンパク質が、多く含まれますので、人によってはアレルギー反応があらわれることもあります。

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーには、多種多様の植物の栄養素が、ぎっしり詰まっています。

働き蜂が季節や場所を変え、花の蜜や、植物の花粉などを、運んでは貯蔵してきた、栄養の宝庫である一方、その栄養でアレルギーを起こしやすいと、言われています。

アトピーなどの人は、アレルギー物質に過剰に反応してしまいますので、注意が必要です。

ローヤルゼリーには、エストロゲンと同じ働きをする、デセン酸という成分が配合されているため、男性が過剰に摂取すると、胸が出てしまったり、精子を作れなくなるということがまれにあります。

女性が、適量を摂取することでの副作用は、特に心配することはありません。

アレルギーをお持ちの人は、始めは、量を調節しながら飲んでみると良いですね。

マカ

マカは、ホルモン分泌に働きかける作用があるため、男性も女性も過剰摂取すれば、副作用があらわれると、言われています。

マカは、女性ホルモン分泌の活性化と同時に、女性であっても男性ホルモンを分泌してしまう事があります。

その結果、生理不順を起こしたり、頭痛、ニキビなどが、あらわれることがあります。

また、マカは便秘を起こしやすくする、黄体ホルモンの分泌を抑える作用がありますので、腸内に水分を増やし、下痢になる事もまれにあります。

お医者さんで、便秘薬としてマカを処方される事があるのは、こういった事からでしょう。

更年期女性は、便秘にもなりやすくなりますので、この作用は嬉しい効果かもしれませんね。

まとめ

更年期サプリは、特に神経質になって、副作用を心配するようなものは、少ないでしょう。

持病がある人や、服用中の薬がある場合は、医師に相談する必要があります。

しかし、それ以外の人は、自分のカラダと相談しながら、体質、症状にあった、更年期サプリを正しく飲んで、その効果を得たいでものですね。

自分のカラダのため、副作用を心配することは、当然のことですが、神経質になって、せっかくの良いものを見過ごしてしまうのも、もったいないことですよね