最近は、お酒を楽しむ女性が増えましたよね。

居酒屋などでも、女子会コースなどが主流になるほど、多くの女性がお酒をたくさん飲むようになりました。

でも、このお酒が、更年期女性の大敵となってしまうって、ご存知でしたか?

お酒は、楽しむだけでなく、眠れない夜や、むしゃくしゃした時など、つい手を出してしまって、気分を紛らわす事だってありますよね。

でも、更年期は、様々な症状に悩まされ、カラダも少々弱り気味です。

そんな時のお酒は、健康の危機につながってしまうこともあります。

少し、気を付けていきたいですね。

女性はアルコール依存症になりやすい?!

女性は更年期になると、エストロゲンが減少することで、アルコールに対して、カラダが弱くなっていきます。

また、血液中のアルコール濃度の上昇もしやすく、それでいて、その代謝が遅く、カラダからお酒が抜けるまでに、時間を要してしまいます。

そのため、アルコール依存症にもなりやすい、と言われています。

キッチンドリンカー、などという言葉もあるように、食事の支度をしながらでもお酒を飲んでしまう、または、お酒でも飲んでいないと食事の支度もできない、なんて状態になってしまいます。

家事や育児、仕事となにかと忙しく、ストレスも多い女性は、その発散方法を、お酒にしてしまう人も多いようです。

もしも、アルコール依存症になってしまえば、自分だけのケアでは、治すことはできません。

専門のクリニックや、施設での治療や療養をしながらでなければ、なかなか依存から抜けることはできません。

そのような状態になる前に、お酒の飲み方を見直し、カラダの事を考えた飲み方に、変えていく必要がありますね。

休肝日は必ず作る

女性の健康は、エストロゲンに守られてきたと言っても過言ではありません。

それほど、この女性ホルモンであるエストロゲンは、健康維持に、多くの役割を果たしてきてくれました。

その中には、コレステロール値の上昇を防ぐ作用や、それぞれの臓器や細胞などの代謝を高め、様々な病気から身を守る、という大切な働きもあります。

ただ、更年期になって、エストロゲンが減ってしまうことで、これまでのようにはいかなくなってしまいます。

コレステロール値も上昇しやすく、そうなれば、ドロドロ血液も否めません。

また、肝臓の代謝力も低下してしまいますので、アルコールの分解能力も、下がってしまうことでしょう。

それなのに、これまでの様なお酒の飲み方をしていれば、カラダには、大きな負担がかかってしまいます。

更年期は、お酒の席でも、今までよりも量を減らし、週に2?3日は、一滴もお酒をのまない休肝日を、作る様にしましょう。

お酒は、体内の水分を蒸発させてしまう作用がありますから、お肌のためにも、こらえたいですね。

更年期の肥満防止のためにも

更年期になると、代謝もガクッと落ち、筋肉の衰えも始まってしまいます。

そのため、どうしても、肥満になりやすくなってしまいます。

内臓脂肪は溜まりやすくなり、生活習慣病にも、この時期はかかりやすくなってしまいます。

そこへ加えて、アルコールが入ってしまえば、カラダはさらに、悪い状態へと進んでしまいます。

お酒の量は減らし、一緒に食べるおつまみなどは、なるべくアルコール分解力の高いものや、脂質の少ないものにして、健康を意識した飲み方に、変えてみると良いですね。

お酒で糖質を摂り、おつまみで脂質を摂ってしまえば、肥満につながり、見た目にも健康的にも良くありませんよね。

「酒は百薬の長」なんて言葉もありますが、ボーダーラインを過ぎてしまえば、悪でしかありません。

私も肥満防止のため、お酒は、ほとんど飲むことがありません。

そのため、二日酔いによる頭痛や吐き気、顔のむくみなどに悩まされるような、イヤな朝を迎える事もなく、常にスッキリとしていますよ。

夜に飲むことがほとんどのお酒は、そのせいで、アルコール分解のため、夜通し肝臓が働いてしまいますから、注意しましょう。

それでもお酒を飲んでしまったら?

お酒好きな人は、更年期になったからと言って、すぐに「完全にやめる」なんてことは難しいですよね。

また、会社の付き合いや、ママ友同士での飲み会は、断ることもできませんよね。

そんな時は、飲む前にちょっとしたことをしておいたり、飲んでる最中、飲んだあとも、少し気を付けるだけでも、お酒を体内に溜めづらくする事もできます。

飲む前に軽くなにか食べておきましょう

空腹のままでお酒を飲んでしまうと、肝臓での分解の前に、胃や腸からアルコールを吸収してしまいます。

その結果、血中のアルコール濃度を、高めてしまいます。

低カロリーのものを、少し胃の中に入れておいてあげると、良いですね。

オリーブオイルを使用しているものをおつまみに

油分は、アルコールの胃からの吸収を抑えてくれます。

しかし、ふつうの油や、それを使った揚げ物などでは、カロリーが心配です。

オリーブオイルなら、その脂質のほとんどがオレイン酸ですので、血液サラサラ効果もあり、健康的に油分を摂取できます。

サラダにオリーブオイルがかかっているものや、カルパッチョなども、良いですね。

水分補給は必須

なんだかんだ言っても、たくさん飲んでしまった、という場合は、飲酒後は、とにかく水分補給をしっかりしましょう。

朝起きた時、だるい、頭痛がする、気持ちが悪い、というのは、体内にアルコールが残っているからです。

水分を摂って、血中のアルコール濃度を薄めると同時に、たくさんの尿と一緒に、体外に排出することが大切です。

まとめ

更年期は、健康なカラダと健やかな精神状態を保つためにも、お酒の量はしっかり減らしたほうが良さそうですね。