産後は安静第一ですよね。

これは、とっても頑張って出産したママだから、単にカラダを休めよう、というわけではありません。

産後はしっかり安静にして、カラダをしっかり休ませないと、後々の不調につながってしまうと、言われています。

また、産後に無理をすると、更年期がひどくなる、なんていう話も聞きますが、これは本当なのでしょうか。

産後に安静が必要な理由

出産には、並々ならぬ体力を、必要としますよね。

そんな大変な出産を経験した直後は、やはり安静にすることが大切ですが、ただ単に体力を回復させることだけが、目的なわけではありません。

出産の際、赤ちゃんの通り道となる、骨盤底にある骨盤底筋は、伸びて緩んでしまいます。

また、骨盤自体も、開いたりずれたりとしてしまいます。

骨盤底筋が緩むと、その筋肉に支えられている骨盤内の様々な臓器が、下がってしまいます。 

それに伴い、腰痛や冷え、血行不良などを、起こしやすくなってしまいますし、ひどい時は、子宮脱出といって、膣から子宮が出てしまうという症状につながることもあります。

また、骨盤が開いたりずれたりすることで、骨盤周りの血流が滞り、卵巣機能の低下が心配にもなりますね。

姿勢も悪くなり、内臓を圧迫し、血行不良、代謝の低下なども起こり、流れの悪い体質へと変わってしまいます。

そういった状態が続く事で、自律神経の不調につながり、ホルモンバランスも乱れやすくなり、めまいや頭痛などの症状が、あらわれてしまうことがあるようです。

産後の無理は更年期をひどくする、ということに関しては、医学的根拠はないようですが、骨盤底筋の緩みや骨盤の開きなどによる不調から、カラダを守るためには、やはり産後の無理は禁物ですね。

育児ストレスで更年期障害に?

出産をすると、更年期がひどくなる、ということに加えて、更年期が早まるなんて事を聞いたことがありませんか?

これは本来の更年期のように、閉経に向かい、エストロゲンの分泌が減少する更年期とは少々違い、若くして、更年期症状と同じような状態になってしまう、プレ更年期です。

出産すれば、全ての女性がプレ更年期をむかえるのではなく、一部の人が、この様な状態になってしまう事があるということです。

多くの原因は、育児ストレスではないかと言われています。

育児をすることで、これまでとは全く違った生活環境になり、自分の時間を作ることも難しくなってしまいますよね。

目を離すこともできませんし、夜泣きでなかなか夜も眠れない、なんて事も増えますね。

育児ストレスは、精神的にも大きなダメージとなり、知らず知らずのうちに、自律神経の不調が続き、つらい症状の原因となる事があります。

動悸や息切れ、イライラ、倦怠感、頭痛などが起こってしまい、更年期障害では?と思ってしまう人もいるようです。

生活環境の変化に弱い人は、たくさんいます。

私も、出産こそしていませんが、結婚したばかりの頃は、他人と一緒に暮らすという、これまでと全く違った生活にストレスを感じ、体調を崩し、精神的ダメージも受けたものです。

これらの症状は、本当の更年期とは違いますので、生活環境の改善で次第に治まっていくものです。

周囲の協力を得て、自分の時間を作り、時には子育てから離れるひと時も大切ですね。

出産による不調を防ぐために

上記にもあるように、出産後は安静にして、伸びてしまった骨盤底筋の酷使をしないことです。

伸びてしまった骨盤底筋の回復は、そうすぐにできるものではありません。 

また、骨盤はちょっとしたことで、すぐに開いたり歪んだりとしてしまいます。 

ましてや骨盤底筋が伸びて緩んだ状態では、正常な骨盤を保つのは、とても難しくなってしまいます。

産後1か月間は焦らず、なるべく安静にし、3週間目くらいから、徐々に家事など始めてみると良いですね。

ただ、その際、重いものを無理に持ち上げたりしてしまうと、お腹に余計な力が入り、骨盤底筋にさらなる負担をかけてしまう事になりますので、気を付けましょう。

また、カラダが安定してきたら、骨盤矯正などをおこなって、開いた骨盤を締めるように心がけたいですね。

カイロプラクティックや整体などでおこなってもらうのも良いですし、骨盤体操などをして、常にセルフケアするのも良いですね。

骨盤の歪みは、太りやすい体質への近道となってしまいます。

成人病の予防のためにも、骨盤ケアは欠かさないようにしましょう。

長すぎる静養は良くない?

産後の安静はとても大切で、1か月間は続けたいものですが、長すぎるのも良くありません。

あまり、動かずにじっとしている期間が長いのも、血行不良の原因となり、様々な不調をまねいてしまいますので、2〜3週間後からは、少しずつ動きましょう。

ただ、無理は禁物です。 

安静にしていたところから、1か月たったからといって、急に動き出すのは、カラダに良くないですから、カラダを少しずつ慣らす、という意味でも適度に動き始めると良いですね。

まとめ

出産により、更年期がひどくなるということはありませんが、出産後の生活が、更年期の良し悪しに関わるということは、ありそうです。

大変な思いをして出産したのですから、理由はなんであれ、1か月間はゆっくり休むべきですよね。

その後の自分のカラダと健康的な生活のためにも、産後の静養は大切です。