「寝汗がひどくて眠れない」「暑くて夜中に目が覚めてしまう」なんてことありませんか?

実はその寝汗、更年期が原因かもしれません。

寝ている間でも人間は、コップ1杯程度の汗をかくと言われているため、寝汗をかいても更年期だとは思わない人も多いようです。

普通

そこでこの記事では、そんな更年期の寝汗のメカニズムを探ってみました。

急に大量の寝汗をかくようになった方は必見です!

あなたの寝汗タイプをチェックして効果的な対策法を見つけましょう。

寝汗がひどいのは病気?

汗をかくことは、体が健康な状態ならいたって普通のことです。

気温が高い時や運動した後、体の熱を外に出して体温を平常に戻すために汗が出ます。

また精神的に興奮したり、不安や緊張した時に出る汗や辛い物を食べた後に出る汗もあります。

しかしひどい寝汗の場合、さまざまな病気の可能性や原因が考えられるのです。

  • 多汗症
  • 排卵から生理前まで
  • 自律神経の乱れ
  • 甲状腺ホルモンの異常
  • 風邪などによる発熱
  • 更年期障害

これらが考えられる病気と原因です。

多汗症

多汗症は、体温調整とは関係なく大量の汗が出てくるのが特徴です。

『局所性多汗症』と『全身性多汗症』の2種類に分類されます。

汗をかく部位によって治療法も異なってくるので、皮膚科や多汗症専門外来、発汗異常外来など専門の病院を受診して治療しましょう。

排卵から生理前まで

女性ホルモンの「プロゲステロン(黄体ホルモン)」は、排卵直後から卵巣で作られ、生理前まで分泌されます。

プロゲステロンは、受精卵が着床しやすい状態にし、基礎体温を上げる作用があるため、寝汗もかきやすくなるのです。

またプロゲステロンの分泌が増える時期は、腹痛や腰痛、頭痛が起きたり、精神的に不安定になることもあります。

自律神経と深く関わる2つの女性ホルモン、プロゲステロンとエストロゲン

自律神経の乱れ

自律神経には、『交感神経』と『副交感神経』の2つがあることをご存じですか?。

『交感神経』は、緊張や興奮したときに優位になり、『副交感神経』は体がリラックスしているときに優位になります。

しかしこの2つのバランスが崩れることで、体調や精神面に悪影響で出てしまうのです。

この自律神経は、血管の収縮や拡張をコントロールし、体温調整も行っているため、バランスが崩れることで体温が上昇し、汗の量も増えてしまうというわけです。

甲状腺ホルモンの過剰分泌

甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることで、寝汗がひどくなることがあります。

甲状腺ホルモンは、代謝とも大きく関わっていますが、過剰に分泌されているようなら『バセドウ病』の可能性も考えられます。

寝汗だけでなく、動悸や体重減少、倦怠感などの症状がある場合には、早めに内科などを受診して治療しましょう。

風邪などによる発熱

風邪などの高熱は、ウイルスと免疫機能が戦うことで起こります。

この熱から体を守るために、汗を出し体温調整をしているのです。

しかしインフルエンザや感染症の場合もありますので、高熱が出たときは早めに内科を受診して、治療しましょう。

更年期障害

40代後半の女性の場合、更年期が原因になっていることも考えられます。

閉経が近づくと卵巣の機能が低下し、女性ホルモン『エストロゲン』の分泌が減少することで、ホルモンバランスが崩れ、自律神経に乱れが起こります。

これによって体温調整ができなくなり、汗の量が増えてしまうのです。

このほか、薬の副作用によって汗の量が増えることもあるので、原因が何なのか、しっかり見極めることが重要になってきます。

寝汗をかく場所もチェックしよう!

寝汗をかく場所によっても、原因が異なります。

自分がどんな寝汗のタイプなのか、チェックしてみましょう。

首・頭

寝汗が首周りに集中している場合は、甲状腺の異常が考えられます。

バセドウ病など、甲状腺の病気の可能性も疑ってみましょう。

また頭や首の後ろにベタベタした寝汗をかく場合、体内の水分調整が上手くできていない可能性もあるようです。

なんらかの病気や疲労で体が弱っていることが考えられます。

どちらの場合も、早めに病院を受診し、治療することをおすすめします。

上半身

鎖骨付近に大量の寝汗をかいている場合も、甲状腺の病気を疑ってみましょう。

上半身でも胸付近に寝汗をかく場合は、肺の異常が考えられます。

寝汗以外に咳もあるようなら肺結核の可能性もあるので、早めに病院を受診しましょう。

また更年期で、自律神経のバランスが崩れると、体温調整が上手くいかず下半身が冷えてしまうため、上半身に汗をかきやすくなることもあるようです。

下半身

下半身は、生理前や妊娠初期に汗をかきやすくなります。

プロゲステロンの影響で体温が上昇し、子宮付近に熱が集中することで汗をかいてしまうのです。

また更年期でエストロゲンが減少し、プロゲステロンが優位になっている可能性も考えられます。

背中

背中は汗腺が多い場所ですが、普段よりも汗の量が多い場合は、自律神経の乱れが考えられます。

また寝具の通気性が悪いことで、熱がこもりやすくなってしまっている可能性もあります。

このように汗をかく場所からも、更年期によるものなのか、それともなんらかの病気の可能性があるのかを判断することもできます。

寝汗と更年期の関係は?

更年期が原因で起こる寝汗は、女性ホルモンのバランスが崩れ、自律神経の乱れことが原因というのはわかりましたが、どうして自律神経が乱れてしまうのでしょうか?

寝汗と更年期の関係を探っていきましょう。

更年期に起こる変化が寝汗の原因

更年期に起こる寝汗の原因は、この2つに分けられます。

  • 生活環境の変化
  • 体の変化

これが根本的な原因です。

子供が自立して夫婦だけの生活になったり、親の介護など生活環境が変化すると、ストレスや不安が多くなりがちです。

このストレスや不安が自律神経を乱し、ホットフラッシュなどの症状とともに寝汗が増やしてしまうと考えられます。

体の変化では、卵巣機能が低下し、間脳にある視床下部がいくら命令してもエストロゲンを分泌しなくなることが大きな原因です。

視床下部が「エストロゲンを出しなさい」と命令し続け、興奮状態に陥ることで、『交感神経』が優位になり、興奮状態が続いてしまうため、自律神経に乱れが生じてしまいます。

またエストロゲンが減少することで、『プロゲステロン』が優位になり、寝汗もさらに多く出てしまうという結果になるのです。

更年期の寝汗対策は生活習慣の見直しから

寝汗も更年期障害の一つの症状だと捉え、生活習慣を見直す必要があります。

  • 適度な運動やストレッチをする
  • 低脂肪で栄養バランスの整った食事をする
  • アロマテラピーやハーブティーでリラックスする
  • 質の良い睡眠を取る
  • 寝具を見直す

この5つの対策で、心と体のバランスを整えることが重要です。

では、具体的に見ていきましょう。

適度な運動やストレッチ

年齢とともに運動量が減る傾向がありますが、運動不足になると血流も悪くなり、冷えなどの症状も出やすくなります。

毎日、お散歩感覚で近所をウォーキングしたり、寝る前にストレッチをするものおすすめです。

ただし、急に激しい運動するのはかえって良くありません。

また寝る3時間前の激しい運動は控え、無理のない程度の軽い運動をしてみましょう。

運動やストレッチをすることで、ストレス解消にもつながっていきます。

低脂肪で栄養バランスの整った食事

食事面では、油っぽい食べ物を控えめにし、栄養バランスの整った食事をすることが重要です。

エストロゲンと似た働きをすると言われている『大豆イソフラボン』を積極的に摂ることもおすすめです。

また飲酒や喫煙は寝汗をひどくしてしまうことがありますので、できるだけ控え、寝る直前は避けましょう。

更年期女性が気を付けたい食事とは?毎日摂りたい4つの栄養素

アロマテラピーやハーブティー

アロマテラピーを取り入れて、リラックスできる時間を作りましょう。

安眠効果の高いラベンダーやゼラニウム、オレンジスィートなどのアロマオイルがおすすめです。

またカフェインが入っているコーヒーや緑茶などを寝る前に飲んでしまうと、興奮状態になって眠れなくなることがあります。

寝る前に飲むのなら、カフェインの入っていないハーブティーにしてみましょう。

カモミールやセントジョーンズワートなど、ストレスや不安、不眠に有効なものやホルモンバランスを整えてくれるものがたくさんあります。

自分の好きな味や香りを選び、好きな音楽を聴きながら心をゆったりさせると、効果アップが期待できます。

→女性ホルモンを増やす!?5つのアロマで極上リラックス

質の良い睡眠

まず第一に、毎日同じ時間に起きて、同じ時間に寝るというリズムをしっかり整えることが大切です。

夜遅くまでテレビを見ていたり、寝る直前までパソコンやスマートフォンの画面を見ていると、質の良い睡眠が取れません。

また寝る前に怖い映画や興奮してしまうような映像を見てしまうと、寝汗がひどくなることがありますので控えましょう!

朝日を浴びることも質の良い睡眠が取れると言われていますので、早寝早起きをして朝に散歩することもおすすめです。

寝具を見直す

自分に合った寝具を選んで、快適な睡眠が取れるよう見直す必要があります。

通気性の悪い寝具は、背中に熱がこもりやすくなるので、通気性の良いものを選びましょう。

寝汗がひどい場合は、防水シートを使ったり、シーツの上に汗取りパットを敷くと安心です。

この5つの対策を実践して、寝汗を気にせず、毎日ぐっすり眠れるようにしていきたいですね。

寝汗の原因をしっかり見極めよう!

更年期の寝汗は、生活環境の変化と体の変化によって、精神が不安定になり、女性ホルモンのバランスが崩し、自律神経の乱れを引き起こすことが大きな原因です。

しかし寝汗は、他の病気が原因になっていることもありますので、しっかり原因を特定することが重要になってきます。

ポイント

自己判断だけでなく、医師や薬剤師などに相談して適切な対策を見つけ、快適な睡眠が取れるようにしていきましょう!