40代頃から、本格的に更年期を意識するようになり、ちょっとした不調などが起こった時は、「もしかしてこれは、更年期症状?」なんて、考えたりしますよね。

でも、本当にそうなのか、もしかしたら違う病気なのでは?と、不安になる事もあります。

そんな落ち着かない40代、50代は、更年期検査をすることで、自分が更年期なのかどうかしっかり判断することができます。

更年期とわかり、他の病気ではないとなれば、その不調に対しての対策が、とりやすくなりますよね。 

更年期検査とは、どんな風にしてどんなことがわかるのか、ご紹介していきますね。

問診票の記入と診察

更年期かな?それとも?と心配になったら、まず婦人科を受診しましょう。

まず、最初に、問診票に記入することになります。

ここでは、今現在悩まされている症状や、生理周期や経血量、生理が来ていない人は、いつごろから来なくなったか、など記入します。

また、病歴や今現在なにか病気にかかっているか、服用中の薬はあるか、なども書く事になるでしょう。

クリニックによって違いはありますが、食生活のことや、運動の有無などを、記入する事もあります。

この問診票をもとに、医師の診察がおこなわれますので、しっかり記入しましょう。

自分では、感じていないストレスや、気づいていない症状などを、見つけてもらうことができるかもしれないので、些細だと思う事でも書いたり、相談したりすると良いですね。

特に、生理周期や今ある症状は、更年期かどうかの大きな判断材料になるので、正確に書いておくと良いでしょう。

前もって、自分でメモをとって、持って行っても良いですよね。

血液検査

血液検査では、エストロゲンの主成分である、エストラジオール(F2)の数値、閉経前後に上昇する、卵胞刺激ホルモン(FSH)の数値を調べます。

さらには、エストロゲンが減少すると分泌が増える、黄体ホルモン(LH)の数値も調べることになります。

また、クリニックによっては、女性ホルモンが減少することで増える、男性ホルモンであるテストステロンの数値を、チェックするところもあるようです。

診察に加えて、この血液検査でホルモンの分泌量などをチェックすることで、より正確に更年期であるかどうか、確認することができます。

血液検査の結果、「更年期です」と診断されれば、それを受け入れて、あとはどう乗り切るかだけを考えれば良いですよね。

女性特有の病気もチェック

kenkoushindan_woman

更年期は、年齢的にも様々な女性特有の病気にかかりやすくなる、と言われています。

そのため更年期検査では、細胞検査による子宮がんのチェックや、乳房検査による乳がんのチェックなどもします。

また、卵巣や子宮の状態を診るために、超音波検査をする事もあります。

更年期の不調は、びっくりしてしまったり、戸惑ってしまうようなものもありますが、様々な角度から検査をして、更年期と診断され、それ意外は心配ないとなれば、安心ですよね。

また、なにか他の病気が発覚した場合、早期発見にこしたことはありませんから、やはり更年期検査は有意義かもしれませんね。

骨粗しょう症の検査も

更年期になり、減少してしまうエストロゲンは、女性の健康に対して様々な働きをしています。

その中には、骨の強化をサポートをする働きもありますので、エストロゲンが減少してしまう更年期は、骨粗しょう症の心配もされます。

そのため、更年期検査では、子宮がんや乳がんの検査の他にも、骨粗しょう症の検査をしてくれるクリニックも少なくないでしょう。

骨粗しょう症と診断されたり、要注意となれば、更年期症状のケアと同時に、骨粗しょう症の予防改善ケアも、しっかりしていくことができますね。

更年期かな?なにか病気かな?と不安になったり、自己判断で間違ったケアをして、改善や予防を遅らせてしまうのなら、医療機関でしっかり検査して、自分の状態を把握しておくのもいいかもしれません。

更年期と診断されたら

様々な検査の結果、更年期だと診断されれば、少々ショックを受ける人もいるかもしれません。

しかし、更年期は女性なら誰しも通る道で、病気ではありません。

また、更年期の様々な症状で悩まされている人は多く、その多くの女性が、セルフケアや治療などをして、症状の改善に努めているものです。

医療機関では、ホルモン時補充療法や漢方薬の処方などで改善していったり、セルフケアでは、規則正しい生活を意識したり、運動を取り入れたりと、心がけたりできますね。

また、サプリメントなどをうまく活用して、更年期に必要な栄養素をしっかり摂取するのも良いですよね。

そんな風に、更年期と前向きに付き合っていくためにも、医療機関での検査は、その背中を押してくれる、重要な役割を果たしてくれるかもしれませんね。

まとめ

40代、50代は、自分のカラダをしっかり見直す、良い時期なのではないかと思います。

これまで、夫のため、子供のためと、つい自分のことが後回しになってしまってきたことも多かったはずです。

更年期を期に、これからは、自分のことを一番に考えても良い時なのではないでしょうか?

そのためには、一度しっかり検査をしてみるのも良いですね。