40代、50代女性が悩む更年期障害の症状は様々で、一つの症状だけではないというところが、不安をもたらしてしまうものですよね。

そんな更年期障害の症状のひとつに吐き気、食欲不振があります。

風邪や食あたりとも違う、更年期の吐き気とはなぜ起こってしまうのでしょうか。

普通

ここではそんな更年期障害の症状である吐き気について解説していきます。

更年期の吐き気の症状

更年期症状の食欲不振や吐き気に悩む女性は

  • 食べても美味しく感じない
  • 食欲はないが空腹では眠れないので無理に食べる
  • 食欲不振に吐き気も伴う

などという方が多い印象が強いです。

更年期女性に多く見られる吐き気は、特別なことはなにもないのに急に吐き気に襲われたり、そうかと思うと治まったりする特徴があります。

それに応じるかのうように、吐き気を催してそのまま嘔吐してしまう事もあります。

「なんだか最近食欲がない…」から始まり、徐々に食事量が減り、「何も食べる気がしない…」などとなっていく方も多いです。

また、若い頃のように「これが食べたい!あれが食べたい!」など、食に対しての意欲が減退していく事も1つの特徴です。

 

朝はなんともなかったのに、午後になって急にひどい吐き気に襲われた、いつ吐き気がくるかわからないから怖くて外出できない、という様な悩みもある様です。

更年期の食欲不振は、徐々に始まっていくことが多いですが、吐き気はなんの前触れもなく起こるので不安も大きくなってしまいますよね。

吐き気の主な原因

つらい更年期障害の主な原因は、基本的に女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの減少が大きく関わってきます。

なので、食欲不振や吐き気もエストロゲンの減少が関係しているのです。

では、なぜエストロゲンが減少すると不調になってしまうかというと、エストロゲンが減少することで自律神経のバランスを乱すようになり、自律神経のバランスが乱れると、自律神経の中の交感神経と副交感神経の発動バランスが乱れてしまうからです。

元々、更年期の時期の女性は、副交感神経の発動が優位になってしまったり、交感神経の発動が優位になってしまったりとうまくバランスをとれなくなります。

副交感神経が優位に発動すると胃腸の働きは活発になりますが、自律神経のバランスがとれず、交感神経ばかりが優位になってしまう事で胃腸の働きは低下します。

この様に胃腸の働きが低下することで、更年期には食欲不振や胃もたれ、吐き気が起こってしまうのです。

また、更年期特有のめまい症状が続き、それにより吐き気を起こしてしまう人も少なくありません。

更年期に起こるめまいの特徴は?抑えておきたいポイントと改善方法

更年期による吐き気が起こった時は、焦らずにまずは深呼吸してリラックスしてみましょう。

気持ちを落ち着かせることで、吐き気が治まったり、吐き気の悪化を防ぐことができます。

食欲不振や吐き気になった場合の対処法

では次に食欲不振と、吐き気の対策を紹介していきます。

食欲不振になったときは無理にたべない

食欲不振の場合、食欲がない時は無理に食べる必要はありません。

それにより余計気持ち悪くなる場合もあります。

ただ、長引けば栄養不良となり他の不調につながってしまう恐れはあるので、噛み応えのあるいつもの食事ではなく、スープやお雑炊など柔かいもので栄養補給しましょう。

 

また、毎日適度に運動をしてカラダを積極的に動かし、エネルギー消費するのもおすすめです。

そうすれば、自然とお腹もすき食欲も出てきますし、気分転換やストレス解消にも効果的です。

吐き気を催した時は

吐き気の場合は、積極的に自律神経とホルモンのバランスを整える必要があります。

医療機関でのホルモン補充療法などの治療も有効です。

ただ、すべての方にホルモン補充療法があうとは限りませんし、セルフケアでどうにかしたという方も多いです。

そのような方はエストロゲンと同じ働きをする

などの成分を摂取すると良いでしょう。

ただ、食事だけでは毎日しっかり摂れないという様な人は、吐き気のセルフケアとして、上記の成分が配合されたサプリメントから摂取するのもおすすめです。

サプリメントならただ、水で飲むだけなので胃への負担も軽減することができますので。

心と体にしっかり栄養を

更年期の期間は、体内の様々な成分が減少したり、内臓などの働きも低下しがちです。

上記の成分に限らず、バランスの良い食事を心がけ、多くの栄養素をバランス良く摂る必要があります。

また、ホルモン・自律神経の乱れを整えるためには、心やカラダに適度な刺激と休息を与えることも大切です

更年期に入ったら、吐き気などの更年期症状改善の為、食事・運動・癒しなど、毎日の生活をうまく組み立てて、心身共に健康維持していきましょう。

更年期の裏に潜む他の病気にも注意

更年期症状とは多岐にわたり、吐き気を始めなんとも言えない症状が次から次へと起こることも少なくありません。

そのため、カラダの不調は更年期のせいとやり過ごしてしまう事も多いでしょう。

しかし、その更年期に隠れて他の病気がカラダを蝕む可能性もなくはありません。

吐き気を伴う病気は、風邪や食中毒の他にも、虫垂炎や胃潰痕、胃がんやメニエール病など様々です。

更年期だからと放置せず、医療機関を受診して吐き気の原因を突き止めることも大切です。

原因を知り、大事に至るものではないとわかれば、不安からくるストレスからも解放されますよ。

まとめ

吐き気など原因不明の不調はなにかと不安を抱えてしまうものです。

ただでさえ心のバランスも崩れやすい更年期は、セルフケアなども十分に行い不安を取り除いていく事も大切です。

その上でしっかり自己管理できれば、更年期であっても吐き気や食欲不振に悩まず、きっと健康的にイキイキと過ごしていく事ができるはずです。

ポイント

少しでもできることから対策を初めていきましょう!

エストロゲンの減少を緩やかにしてみませんか?

更年期サプリで良くする方法


なるべく病院に行きたくない方や医薬品などの副作用が出る医薬品などが怖い方はサプリメントの摂取がおすすめです。特に更年期サプリには自律神経を整える成分が配合されています。

更年期サプリメントの選び方

漢方薬を摂取して良くする方法


エストロゲンの減少を緩やかにするには漢方薬の摂取もおすすめです。漢方薬は医薬品ではありますが、病院などで出される医薬品に比べると副作用なども少ないです。

ホルモンバランスの乱れにおすすめの漢方薬の選び方