歳を重ねると、誰もが、「ほら、あれに出てるあの人よ」、「それって、ほらあれでしょ?」なんて、「あれ、それ」が増えて、肝心の名前などが、出てこないって事多くなりますよね。

こんな状況が続くと、認知症かしら?なんて冗談交じりに言ってはみるものの、ホントはその物忘れを、少々心配したりしませんか?

40代〜50代は、特にこの物忘れが多くなる時期です。 

でもそれは、認知症ではなく、更年期が関係してきます。

脳とエストロゲンの関係

女性ホルモンであるエストロゲンは、女性の美や健康を保つための、様々な働きをサポートしていますが、このホルモンが減少してしまう、更年期のカラダや心には、多くの不調があらわれます。

代表的な更年期症状である、ホットフラッシュやめまい、倦怠感、老化肌に加え、記憶の低下も始まります。

物事を記憶する際に大切な海馬は、記憶を保管し、思い出すという作業をする時に、そこから記憶や思い出を引き出すことができるわけですね。

その海馬へと記憶を運ぶ神経伝達物質が、しっかり働くことで、記憶がなされます。

この神経伝達物質を刺激し、働きを活発化させるのが、エストロゲンです。

自律神経と深く関わる2つの女性ホルモン、プロゲステロンとエストロゲン

そのため、エストロゲンが減少してしまう更年期は、神経伝達物質の働きが低下し、物忘れが多くなってしまう、と言われています。

人の名前がすぐに出てこなかったり、朝何を食べたかすぐに思い出せない時などに、「もう、歳かな」なんて言うのは、こういったことが原因なのですね。

特に閉経後の女性の95%は、物忘れが激しくなる、という内容の論文も発表されているくらいですから、「あれ、それ」を多発する女性が増えるわけです。

私自身、「炊飯器」という言葉が出てこなかった時には、自分が少々心配になりました。

血行不良による物忘れにも要注意

更年期の女性は、筋力や代謝の低下もすすみ、冷えや血行不良をおこしやすくなります。

そこへ加えての、不眠や肩こり腰痛などで、増々血流は滞ってしまいます。

こんな血行不良が、記憶と関係しているようには思えないかもしれませんが、血行不良は、脳の働きも低下させてしまうことになります。

脳は、人が持つ酸素の15〜20%を消耗しながら、それぞれ正常な働きが、可能になります。

酸素を全身にめぐらせる血流が滞ってしまうことで、脳は酸素不足となり、その働きは鈍くなり物忘れへとつながります。

そういえば、私の知人には、三点倒立をすると頭が冴える、なんて言う人がいますが、あながち嘘でもないのかもしれませんね。

物忘れと認知症の違い

更年期の物忘れは、誰にでも起こる自然なことですので、心配したり認知症では?と疑う必要もありません。

この年代の物忘れは、つい先日会った人の名前を忘れたり、鍵やお財布をうっかりどこに置いたか忘れてしまう程度ですよね。

また、ちょっと落ち着いて考えれば、すぐに思い出したりと、できるものです。

それに比べて、認知症の物忘れとは、記憶を保管する海馬自体に異常があらわれてしまうので、新しく記憶することができなかったり、物事を順序立てて考えることができなかったりします。

また、時間や季節などの認識能力も低下したり、これまで普通にできていた、家事や趣味、仕事などが、うまくできなくなってしまったりとします。

更年期が原因の物忘れは、認知症のような症状が出ることはありませんので、あまりにもひどい物忘れや、なにかを覚えることが困難な状態になってしまった時は、医療機関での検査が必要ですね。

更年期からの脳トレ

歳とともに、脳の働きは低下していきますので、少しでも予防するために、常に脳のトレーニングをしておくのも良いでしょう。

毎日継続的におこなうためにも、道具を使ったりせず、難しくもない方法が良いですね。

オススメとしては、就寝前に、今日一日の出来事を自分なりに振り返って、どんな出来事があったか、誰と会ってどんな話をしたかなど、なるべく細かく思い出してみることです。

日記をつけたりするのも良いですよね。

人や物の名前が思い出せない時は、すぐに誰かに聞いたりするのではなく、自分で思い出せるまで、ゆっくり考える癖を付けるのも良いですね。

脳は、使わないと衰える一方です。

神経質になり過ぎずに、それでいて、こまめにトレーニングできると、脳機能の低下を防ぐことができます。

青魚を積極的に食べる

青魚に多くふくまれるDHAは、高齢者の脳には少なく、若い世代の脳には多く存在するということが、わかっています。

そのため、この栄養素をしっかり摂取することで、脳の老化が防げるのでは、という考えがあります。

DHAは、生活習慣病予防にもとても良い栄養素ですので、そろそろ色々な数値が気になる更年期には、しっかり摂っておきたいものですね。

まとめ

更年期の物忘れは、誰にでも起こるものとは言いますが、防げるものなら防ぎたいものです。

40代、50代は、まだまだ仕事やプライベートも忙しく、物忘ればかりしてなどいられないですよね。

血行不良もしっかり防いで、脳が必要とする酸素もしっかり供給しつつ、毎日の脳トレをして。いつまでもシャキッと過ごしていたいですね。