まぶたがピクピクとけいれんすることってありますよね?

でもこの症状は自然に消えて気にならなく忘れてしまうことがほとんどです。

この症状は眼瞼ミオキミアといって眼瞼けいれんではありません。

ポイント

この記事ではそんな更年期の症状で多いまぶたのけいれんのメカニズやその対処法についてご紹介します。

更年期女性に多い眼瞼(がんけん)けいれんとは

まぶたのけいれんは45歳から55歳頃の更年期に多くみられ、女性は男性の約2倍かかりやすいといわれています。

まぶたがピクピクとけいれんするのは、眼輪筋の衰えからくる症状になります。

初期症状では

眼瞼けいれんは眼輪筋*がけいれんし、自由に目を開けることができなくなります。

初期症状では瞬きが増え、明るい所では非常にまぶしく感じ、まぶたを閉じてしまう事があります。

更に目が乾く感じがありドライアイと間違えられたりします。

*眼輪筋とは顔面の表情筋の一つで、眼列の周囲を輪状に取り囲み、眼瞼を閉じさせる働きがあります。

眼瞼けいれんの原因

まぶたがピクピクとけいれんする原因は、ほとんどが目の疲れや寝不足、ドライアイで眼輪筋波動症(眼瞼ミオキミア)になります。

けいれんが治まらず続く場合は、眼瞼けいれんと顔面けいれんがあります。

眼瞼けいれんの原因はほとんどが原発性で、原因が見つからない場合が多いです。

眼瞼けいれんはまぶたの運動を取り扱う、顔面神経の興奮が要因といわれています。

また原因がなくても顔面筋の緊張が高まる原発性の場合と、服用している向精神薬による薬物性のものがあります。

酷使した目を十分休ませ、更にストレスを軽減しけいれんが治れば眼瞼けいれんではありません。

けいれんが継続する場合は、眼瞼けいれんを疑い専門医での検査をオススメします。

症状が進行すると

症状が進行するとまぶたが閉じてしまい、目を開けることが出来なくなります

これはまぶたの開閉を指示している、脳の指令が故障で届かないことで起こります。

日常生活の中でも物や人にぶつかるような事が出てきます。

眼瞼けいれんは更年期障害や高齢の為と片付けるのは、危険かもしれません。

けいれん症状には他に怖い病気が隠れている場合がありますので、眼科専門医にご相談してください。

眼瞼ミオキミアとは?症状

眼瞼ミオキミアとは、眼輪筋の下まぶたがピクピクとけいれんを起こします。

この症状は鏡で筋肉の動いている様子が確認出来ます。

眼瞼ミオキミアの起こる原因

この症状が起こる原因はパソコンやスマホなどで、長時間目を酷使した後、眼精疲労から一時的に起こります。

また、睡眠不足やストレスからも起こる原因になります。

改善対策

パソコンやスマホなどは長時間凝視するのでなく、合間に目をそらし窓の外を眺めるだけでもだいぶ違ってきます。

目をホットタオルで温め、まぶたの上から優しくマッサージすることで緊張が改善されます。

また目薬を差すのも目の疲れに効きます。

睡眠不足を防ぐには早寝早起きで、良質の睡眠を取る事が大事です。

またストレスは溜め込まないように、ストレスフリーを心掛けましょう

寝る前のコーヒーは興奮するので控えたほうが良いです。

眼瞼ミオキミアは顔面けいれんとは関係がなく、生活の改善で自然に解消する心配のない症状です。

しかしピクピクが継続するようなら専門医にご相談してくださいね。

顔面けいれんとは?メカニズム

顔面神経は顔の表情筋を支配し、涙や味覚にも関わる神経です。

顔の筋肉は左右別々の神経に働くため、顔面けいれんは片側だけに現われます。

これを片側顔面けいれんといいます。

顔面けいれんは緊張やストレスによる、顔面筋運動の原因から意思に関係なく起こります。

初めは目の周りから軽いピクピクけいれんが始まり頬や額、口元や顎に広がっていきます。

けいれんが続きけいれんのないときは、顔がゆがんで顔面麻痺が見られます。

顔面けいれんの原因

顔面神経が脳幹から出たところで、動脈や静脈とぶつかり神経が圧迫され、刺激されて顔面けいれんが起こるのです。

また、顔面神経の周りに腫瘍等がある場合も、圧迫されけいれんを起こすこともあります。

この様な症状がある場合は脳外科など専門医にご相談ください。

眼瞼けいれんと間違いやすいドライアイとは

涙の分泌が減少し、涙の質が低下することにより、目を潤す働きが低下し乾いた感じがする状態をドライアイといいます。

涙は油や水、ムチン層の成分から出来ています。

ドライアイはこのバランスが乱れ不安定になり、涙成分が蒸発し目に傷が付きやすくなります。

ドライアイは目の乾燥の他に異物感や目の痛み、まぶしさや目の疲れなど不快感が現われ視力の低下も起こります。

眼瞼けいれんの対策は

眼瞼けいれんの予防対策としては、眼瞼けいれんを起こさないようする方法を取ることです。

内服薬をできるだけ減らす

抗うつ剤や睡眠薬など服用している場合は、使用量を主治医と相談しできる限り減らし、神経を落ち着かせる事で眼瞼けいれんを起こす回数を軽減出来ます。

目を十分に休める

パソコンなどの画面を見ないように心がけ、しっかりと目を休めましょう。

仕事でのパソコン作業は、約1時間おきにパソコンから目を外すなど、工夫して目を休めてください。

また夜もしかり寝て、目を休め守っていくことが大事です。

スマホやパソコンのブルーライトは不眠の原因になります。

ブルーライト対策や使用時間の制限に心がけてください。

コーヒーの飲み過ぎもカフェインの覚醒作用で不眠に繋がります。

眠れないことが目の疲れになりますので注意が必要です。

また、外出時に明かりがまぶしすぎる症状には、サングラスなど使用し目を守ってください。

ストレスを減らす

ストレスは自律神経の乱れから、脳の大脳基底核からの指示が乱れ眼瞼けいれんを起こしてしまいます。

ストレスや疲労など軽減するため、お風呂にゆったり浸かりストレスを解消、また体全体を使う軽い運動のウオーキングやサイクリングなど有酸素運動でストレスフリーに心掛けてください。

また睡眠不足は目に悪く、質の良い睡眠で体や心もゆっくり休める事が大切です。

目に良い食べ物は?

目に良い食品には、水晶体や網膜を構成するタンパク質や、目の周辺の筋肉の働きを助けるビタミンやミネラルと言ったものがよく挙げられます。

アントシニン

視覚情報を伝えるタンパク質ロドプシンの再合成を助け、眼精疲労の回復に効果があります。

アントシニンを多く含む食品:カシスやブルーベリー、黒豆など

ビタミンA

涙の生成に重要な働きをし、粘膜の形成修復を助けます。

ビタミンAを多く含む食品:スモークレバーや鶏・豚・牛肉の肝臓、ウナギやアンコウの肝など

ビタミンE

血行促進で疲れ目やドライアイを予防、老眼防止に効果があります。

ビタミンEを多く含む食品:筋子やいくら、鮎やいわしの油漬けなど

ビタミンB群

目の周辺の筋肉の疲れを和らげ、粘膜を整え水晶体の代謝や免疫機能を高めます。

また視神経の機能を正常にする働きもあります。

ビタミンB群を多く含む食品:豚肉やナッツ類、卵や牛乳、マグロやサンマ、ニシンやあさりなど

DHA

網膜に作用し視力を回復、近視や遠視、老眼にも効果があります。

DHAを多く含む食品:めざしやマス、ハモやうなぎなど

ルテイン

水晶体や網膜の酸化や紫外線のダメージ防止、老化の白内障予防

ルテインを多く腹部食品:カボチャやインゲン、ブロッコリーやグリーピースなど

リコピン

抗酸化作用で視機能の改善、ルテインと相互作用で効果があります。

多く含む食品:トマトや人参、柿やパプリカなど

カテキン

抗酸化作用による視機能の改善、緑内障の予防

カテキンを多く含む食品:緑茶や赤ワイン、リンゴやブドウなど

ベーターカロテン

目の細胞や粘膜の新陳代謝を保ちます。

ベータカロテンを多く含む食品:青梗菜や人参、アシタバや大根の葉など

ビタミンC

水晶体の酸化防止と透明度を保ち、白内障の予防に効果があります。

ビタミンCを多く含む食品:トマピーやカリフラワー、ゴーヤやブロッコリーなど

目に効く栄養素を積極的に摂り疲れにくい目作を心がけましょう。

まとめ

疲れ目などで起こる眼瞼ミオキミアであれば、自然に治って行くのがほとんどで心配のない症状です。

しかし、眼瞼けいれんは40代後半から中高年の女性に多く発生し、更年期障害と様子を見ていても治る病気ではなく、専門医にご相談されることをオススメします。

生きていく上で目は大事な財産です。

日頃から目に良い生活改善や食生活に心掛け、目を守っていきましょう!