更年期になると、女性は、ほてり、のぼせ、多汗などの症状に悩まされ、毎日体調がすぐれませんよね。

また、気分も落ち込みがちでなかなかそんな症状に立ち向かう気力も出せないものです。

肌だって、乾燥してくすみがち。イヤな時期です。

そんな更年期女性に、嬉しい効果の詰まったラクトビオン酸という成分はご存知ですか?

この記事ではこのラクトビオン酸について詳しく解説していきます。

手軽に摂れるサプリなどもあるので、気になるのであれば摂取してみてください。

→エクオール+ラクトビオン酸サプリの詳細を見てみてる

ラクトビオン酸とは

ラクトビオン酸は、オリゴ糖の一種でラクトースという乳糖を酸化させて作られます。

これまでは、カスピ海ヨーグルトにしか含まれない酢酸菌によって、ラクトースがラクトビオン酸に変換されるため、カスピ海ヨーグルトを食べなければ、摂取することができませんでした。

ところが、そのカスピ海ヨーグルトの研究を始めることでラクトビオン酸の量産化ができるようになり、私たちの身近な存在へとなったのです。

ラクトビオン酸には、健康効果が多く特に更年期女性には嬉しい効果が豊富です。

ラクトビオン酸の嬉しい効果・効能

ラクトビオン酸の主な嬉しい効果や効能は

  • 大豆イソフラボンやエクオールの吸収を高める
  • 骨粗しょう症の予防
  • 腸内環境を整える
  • 乾燥肌を防ぐ

などが期待できます。

大豆イソフラボンの吸収を高める

更年期になり減少してしまうエストロゲン。

このエストロゲンの働きをなんとか繋ぎとめるために、女性は大豆イソフラボンを摂取している人も多いですよね。

ただ、この大豆イソフラボンも、体内でエクオールという物質に変化しなければ、その効果はなかなか実感しづらい、という事がわかってきました。

エクオールは更年期におすすめ!期待できる4つの効果と増やす方法

また、大豆イソフラボンをエクオールに変化させるために必要な腸内細菌は、持っている人と持っていない人がいるという事もわかっています。

比率的には日本人の女性であれば2人に1人の割合です。

なので、エクオールを作れない人はサプリメントなどを活用して摂取している方も多くいます。

そんなエクオールですが、実はラクトビオン酸が大豆イソフラボンの吸収を高め、さらにエクオールに変換させる働きをサポートをしてくれる効果があることも様々研究でわかっています。

更年期の女性に最も必要なエストロゲン作用が、ラクトビオン酸を摂取することで更に期待できるのは嬉しい情報ですよね。

→エクオール+ラクトビオン酸サプリの詳細を見てみてる

骨粗しょう症の予防ができる

エストロゲンは、骨の健康維持をする働きがありますが、そのエストロゲンが減少してしまう更年期は、骨粗しょう症になりやすくなってしまうと言われています。

ラクトビオン酸は、カルシウムを水に溶けやすくする作用があるため、体内への吸収をサポートしてくれます。

食事などで、しっかりとカルシウムを摂取してラクトビオン酸も摂っていればその吸収率は高まり、骨の健康維持をすることができますね。

骨粗しょう症になりやすいとはいえ、40代、50代はまだまだ若いです。

もろい骨では、なにかと乗り越えることができませんので、しっかりケアしたい問題でもありますよね。

腸内環境を整える

更年期になりエストロゲンが減少すると増えるプロゲステロンは、腸内の水分を奪ってしまう働きもあります。

自律神経と深く関わる2つの女性ホルモン、プロゲステロンとエストロゲン

そのため、腸内の便は水分不足で硬くなり、便秘になりやすくなってしまいます。

そんな更年期の腸内環境を整える効果がラクトビオン酸にはあります。

ラクトビオン酸はオリゴ糖の一種で、オリゴ糖といえば便秘に良いというイメージがありますよね。

ただ、ひとくちにオリゴ糖といっても、

  • 小腸で吸収されてしまいその効果が発揮しづらいもの
  • 小腸には吸収されずしっかり腸まで到達する難消化性オリゴ糖

この2つがあります。

ラクトビオン酸は、この難消化性オリゴ糖になりますので、しっかり腸まで届きビフィズス菌のエサとなり、ビフィズス菌を増やすことができます。

整った腸内環境には、ビフィズス菌は必要不可欠です。

便秘でお腹が張っていると一日お腹が重くて気になってしまうしなにより健康的な体型維持の大敵ですよね。

そこで、ラクトビオン酸を摂取することでその便秘も解消する可能性はあります。

ラクトビオン酸も活用しつつ、食物繊維や水分もしっかり摂って、溜めないカラダにしましょう。

乾燥肌も防げる

40代、50代の肌は、年齢肌などと言われ悩みの増える肌へと変わっていきますよね。

ただ、その肌悩みの多くの原因は乾燥とも言われています。

肌の水分を守るために、重要な役割を果たしている肌表面の角層は、水分の層と脂質の層とがバランスよく交互に重なりあってできる細胞間脂質があってこそ、構築されています。

この細胞間脂質の整った構造をラメラ構造と言いますが、ラクトビオン酸はこのラメラ構造を守る働きがあるため、乾燥を防ぐことができます。

肌の保湿サポートまでできるなんて、優秀な成分でよね。

更年期の乾燥肌は、外から化粧水や美容液をぬるだけではなかなか改善されない事も多いので、中からケアできる成分は魅力的です。

まとめ

ラクトビオン酸は、女性にはとても魅力的な成分でサプリなど手軽に摂取できるという点でも人気がある成分の1つです。

これまで、いろいろなサプリなどを試してきたけれど、なかなか効果を得られなかったという方は、一度試してみるのも良いかもしれません。

健康的な食事で更年期に必要な栄養素をしっかり摂ったうえで、ラクトビオン酸を摂取するとより健康効果を得られると期待できるはずです。

更年期の方はもちろんのこと、美容や健康に気を使いたい方は、ラクトビオン酸配合のエクオールサプリを摂取してみては?

→エクオール+ラクトビオン酸サプリの詳細を見てみてる