基本的に閉経を挟んで、前後10年間ほどの時期を「更年期」と言いますが、閉経時期には個人差があり、40代前半の女性でも何らかの症状が出てくる人もいます。

更に最近では早い人で20代後半?30代に、更年期症状と同様の症状が、現れる人がいて、病院で診察を受けて

「若年性更年期障害」

と診断される人が増えているようです。

更年期症状は、女性ホルモンが関係していて放置しておけば、将来「不妊」に悩まされる可能性があるためるため、症状が出たら早めに対策が必要です。

若年性更年期障害とは

unhappy_woman4

いわゆる更年期の時期に怒る症状には、「イライラ」「のぼせ」「不眠」「発汗」など、他にもいくつかあり、これらは全て加齢により女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌量が減り、自律神経の働きが乱れることで発症します。

一方で「若年性更年期障害」も、これらと同様の症状が起こりえます。

本来であれば女性ホルモンが、活発に分泌されるべき時に、ストレスや生活習慣の乱れなどが、原因で女性ホルモンのバランスが乱れたり、卵巣の機能が衰えるのは、よいことではありません。

20?30代と言えばこれから妊娠、出産をする時期でもあり女性ホルモンのバランスが、整っていることが望ましいです。

原因が分からない体調不良が起こった場合「若年性更年期障害」なのか「他の病気」なのか、自分では判断できないため、すぐに病院で治療を受けることが望ましいです。

若年性更年期症状の対策とは

suimin_woman

病院で「若年性更年期障害」と診断された場合、処方される薬を決められた通りに、服用することは大切ですが、生活習慣も見直したいです。

まずは症状が軽い場合は

「しっかりと睡眠をとる」

だけで改善する場合があります。

そして、若いからこそ睡眠時間が少しでも、次の日には疲れがとれているかもしれませんが、睡眠不足が溜まると、自律神経のうち「交感神経」が、優位に働くため常に体が興奮状態になり、症状が治まりにくくなります。

できるだけ毎日7時間程度の、睡眠はとるようにしたいです。

更に特に若い女性がしがちな「過酷な食事制限だけのダイエット」をすると体が栄養不足になり、体は生きていくための活動を優先して行うため、生理がストップしてしまう可能性があります。

やはり運動をして、バランスのよい食事を摂りながら健康的に痩せていきたいです。

そしてこの世代は仕事や家事、子育てなど新しい環境によるストレスや忙しさから疲れも溜まりがちで、女性ホルモンの分泌量にも影響が出てきます。

自分のための時間を作ることは、難しいかもしれませんが、週末だけでも自分の時間を作るなど、ストレスと疲れを溜めないようにしたいです。