更年期症状では
腰痛や肩こりなど
体の様々な部位に痛みを
覚えることがありますが
「関節痛」も同様で、
更年期になって関節痛を
覚える人は多いと言われています。

 

関節痛が起これば
動くことも嫌になり、
運動不足になって
更に他の症状も
悪化させる原因となるため
早めに対策をしたいです。

更年期で「関節痛」が起こる原因とは

kansetsutsuu_hiji

更年期になると
誰でも手足の指、手首、
足首、ひじやひざの
関節が弱くなります。

 

なぜなら更年期になると
その分泌量が減少する
エストロゲン」には
関節の動きを滑らかにする
油のような作用があるためで、
分泌量が減ることで
関節にあるコラーゲン(軟骨を構成する成分のうち水の次に多い成分)
の量が次第に減っていくことで
軟骨がすり減っていきます。

 

最初は
「ポキポキと音がなる」
というように感じますが、
次第にしびれや痛みを感じ始めます。

 

「極端に痩せている人」
「太り気味の人」
「これまでに運動をする習慣がなく筋肉量が少ない人」
などに関節痛が起きやすいのは
関節に負担がかかりやすくなるためです。

関節痛が起きた時の対策とは

ofuro_nyuyokuzai_woman

関節痛に限らず、
腰痛や肩こりなど痛みを
覚えた時には患部を冷やすと
症状が悪化するため、
温めるようにしたいです

 

暖かい服装をすること、
カイロや温湿布、
ぬるめのお湯に
ゆっくりとつかることもよいでしょう。

 

ただし痛みがひどい場合は
炎症が起きている可能性もあり、
炎症は冷やした方がよいため
分からない場合は病院に
受診して治療を受けましょう。

 

病院で治療を受けると
女性ホルモンを補充する治療や
漢方薬なども処方され、
早い人では1週間程度で
症状が改善することもあるようです。

関節痛を起こさないための対策とは

food_niboshi

骨の主成分はカルシウムです。

カルシウムは骨を作るだけでなく
健康に生きていくためには
欠かせない栄養素で常に不足しがちです。

 

そして体の中で作り出すことが
できないため乳製品や小魚で
カルシウムを補うようにしたいです。

 

また豚足、手羽先、魚の皮、
エビ、ゼラチンなどに
含まれているコラーゲンも有効です。

 

またエストロゲンの分泌量が
減ると全身の血流も悪くなるため、
運動をすることで血流の改善が期待できます。

 

特に足が痛い人に運動は
辛いことかもしれませんが、
ウォーキングなどの
有酸素運動をできる範囲で行いたいです。

 

上の項でも説明したように、
太り気味だと感じている人は
できる範囲でダイエットを行っていきたいです。

 

そのためにもやはり運動が
効果的になってきます。
(食事制限をする無理なダイエットはやめましょう。)