更年期の女性は、閉経前後で女性ホルモンが急激に減少し、ホルモンバランスも崩れるため、それまで女性ホルモンに、守られていた体の健やかさが保てなくなります。

自律神経が乱れて呼吸や代謝、発汗など体の重要な仕組みがうまく回らなくなり、のぼせや動悸、めまい、イライラなどの症状が出てきます。

髪のコシや肌の張りも衰え、薄毛や乾燥肌に悩まされるようになります。

こうした辛い症状や悩みを、女性ホルモンを補うことで解決するのが、女性ホルモン補充療法(HRT)です。

更年期の辛さを緩和するだけでなく、若々しさを保ち、性生活や老後の健康にも効果があります。産婦人科や病院の女性外来で受けられます。

ホルモン補充療法の流れ

一口に更年期世代といっても、体は一人ひとり違います。

どんな症状が辛いのか、女性ホルモンはどれだけあるのか、健康状態・病歴はどうかなど、詳しく調べてからその人に合った治療方針を決定します。

またこの療法が適さない人もいます。

治療開始まで

  • 問診:辛い症状やその程度・始まった時期、生理周期と最終生理、本人と家族の病歴、家庭環境などを調べます。
  • 内診:子宮筋腫や卵巣のう腫など、婦人科系の異常がないかどうか調べます。
  • 採血:血液中のホルモン量や、血糖、コレステロール、肝機能、腎機能等を調べます。
  • 骨量測定:骨密度を測って骨粗しょう症の危険度を調べます。
  • がん検診:子宮がんと乳がんの検診を行います。どちらかにがんが見つかれば、ホルモン補充療法は行わず、がん治療を先行します。

主に使われる薬

  1. エストロゲン(卵胞ホルモン)剤
    ・飲み薬、貼り薬、塗り薬、膣錠(挿入)の4タイプで、最も種類が多くあります。
    ・飲み薬は手軽ですが胃腸や肝臓への負担があり、貼り薬は作用が強力ですが、かぶれる恐れがあります。
    ・膣錠は肝臓に負担をかけず、膣粘膜の乾きに有効です
  2. プロゲステロン(黄体ホルモン)剤
    ・エストロゲン剤の作用を補う目的で使われます。プロゲステロン単独の飲み薬、エスト
    ・ロゲンとプロゲステロン両方を配合した飲み薬・貼り薬があります。
  3. 男女混合ホルモン
    ・男性ホルモンのテストステロンと、エストロゲンを混合した薬剤です。3?4週間に1
    ・回注射します。女性ホルモンだけ補充するより、自律神経を調整する効果が高いです。

治療の終了

治療中は定期的に検診を受けて、乳房のむくみや不正出血などの、副作用がないか確認し、薬を調整します。

辛い症状が改善されてきたら、徐々に薬の量を減らし、4?5年で治療を終えるのが一般的です。

メリットとデメリット

女性ホルモン補充療法の効果として、次のような事柄が挙げられます。

メリット

  • のぼせやほてり、多汗、動悸の軽減
  • だるさや無気力感、頭痛の緩和
  • 皮膚の乾燥やシワを防ぐ
  • 性交痛の改善
  • 骨粗しょう症の予防
  • うつ病の予防
  • 高血圧、動脈硬化など生活習慣病予防

デメリット

一方デメリットとしては、気分が悪くなったり、乳房が張る、体がむくむ、不正出血などの、副作用が起きることがあります。

また、乳がんや子宮がんのリスクが上がると、懸念する声がありますが、逆に乳がんリスクが減るとの指摘もあります。

女性ホルモン補充療法を受けるか、どうかは個人個人の判断ですが、選択肢の1つとして知っておくのは良さそうです。

また漢方と併用して効果を上げている例もあります。

年取ってからでも受けられる

woman_63

今は平均寿命が延びたことで、更年期以後も約30年の長い人生が待っています。

更年期特有の辛い症状が落ち着いても、今度は老化による膝・腰の痛みや、糖尿病・高血圧・動脈硬化など生活習慣病のリスクが高まってきます

更年期以降もホルモン補充療法を続けた人は、こうした老化現象に悩まされず、元気に生活できているそうです。

治療を受けている人の中には、90歳代の患者さんもいます。

60?70歳代で新たに治療を開始しても、一度減った骨量を増やす効果が、確認されていますので、“生涯現役”を目指す人にとっては、選択肢となりうるでしょう。