「若い頃は血圧が低くて朝起きるのが辛いことが多かったのに・・・」

「これまではずっと血圧は正常だった」

という人でも、40代後半になると高血圧の症状が出てくる人がいて、更年期症状の一つかもしれません。

更年期で高血圧になる理由とは

女性は30代の後半から、女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌量が減少し始めます。

エストロゲンは脳からの指令により主に卵巣から分泌されますが、分泌量が減ると、自律神経の働きが乱れて、血圧を調整することができなくなるため、血圧が上がったり下がったりと、乱高下を繰り返すのが「更年期高血圧」の主な症状です

またエストロゲンには、血管を拡張させる役割もあるため、分泌量が減れば血流が悪くなると、「のぼせ」や「ほてり」といった上半身の症状が出やすくなります。

また家族に高血圧の人がいたり、自分自身が肥満気味の人、妊娠高血圧になった人も高血圧症状が出やすいと言われています。

更に更年期の時期にはちょうど人生で、新しい局面(子供の就職や親の介護など)を迎えることが多く、これらのストレスが更に血圧を上げる原因となります。

血圧の異常を感じたら病院で治療を

上の項でも説明したように「更年期高血圧」は血圧が、上がったり下がったりを繰り返すため「血圧が上がったら休めばいい」と思われがちですが一概にそうとは言えません。

「更年期症状はいつかは終わる」

という意識から何も対策をせずに放置しておくと、高血圧が慢性化してしまい、動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞など生活習慣病の原因となります。

大切なことは「放置をせず病院で治療を受けること」です。

できれば40代を過ぎて、更年期になる前から「起床時」「夕食後」など決められた時に血圧を測る習慣をつけ、血圧が上がった時の状況がわかれば(大きなストレスを受けたなど)ぜひチェックし、早めに病院で治療を受けることが高血圧を慢性化させないためには重要です。

更年期高血圧を悪化させないためにおすすめの対策

病院で更年期高血圧の診断を受けた場合、必要であれば内服薬が処方されますので、必ず決められた通りに服用しましょう。

そして生活習慣の指導も行われます。

まずは、暴飲暴食、睡眠不足、タバコ、お酒はやめて、ストレスも溜めないようにしたいです。

しっかりと睡眠をとって、バランスの取れた食事を摂ること、運動をする習慣をつけることもおすすめで、特に肥満気味の人は1日20分程度の有酸素運動をすることで、脂肪燃焼効果が期待できます。