45歳から55歳頃の閉経期に色々な更年期障害が現われます。

その一つに抜け毛があり、だんだんと髪にボリユームが出なくなり、スタイリングが決まらない等とてもせつなく寂しい気持ちにさいなまれますね。

ポイント

この記事ではそんな更年期の時期に起こる抜け毛のメカニズムや対策についてご紹介します。

更年期に起こる抜け毛症状のメカニズムと原因

閉経頃の女性は卵巣機能が衰え、女性ホルモンエストロゲンの分泌が格段に減少し、様々な更年期障害が現われます。

更年期障害の症状はホルモンのバランスの乱れから、

など様々で、抜け毛もホルモンバランスの乱れから来る更年期障害の一つに挙げられます。

エストロゲンの減少

エストロゲンには毛髪を発達させ、抜け毛を抑制する働きがあります。

そのためエストロゲンが減少してしまうと、髪のサイクルである成長期を短くしてしまいます。

これにより1本の毛穴から髪の本数が減り、元気で太い髪が痩せて細くなり最後には細い髪だけが残り、頭全体が薄毛状態になっていきます。

この薄毛状態は女性特有の現象で

  • 女性型脱毛症
  • 更年期型脱毛症
  • びまん性脱毛症

といわれています。

自律神経と深く関わる2つの女性ホルモン、プロゲステロンとエストロゲン

生活習慣の乱れ

ダイエットなどで無理な食事制限をしたり、睡眠不足やストレスなどで女性ホルモンのバランスは乱れてしまいます。

女性ホルモンが乱れると、エストロゲンの分泌が減少し、自律神経の乱れや血行不順が起こり、髪まで栄養が届かず抜け毛の原因となります。

→更年期女性が気を付けたい食事とは?毎日摂りたい4つの栄養素

システイン不足が抜け毛の原因

髪の毛の素となる主成分はケラチンといわれるタンパク質で、ケラチンはシステインという成分から生成されています。

システインはアミノ酸の一種で髪の毛や爪を作る原料になります。

システインが不足すると髪の主成分ケラチンが生成されず、髪の成長が止まり育たないままに細く弱く抜け落ちてしまいます。

システインはケラチン同士の結びつきにも関係し、不足すると枝毛や切れ毛の原因になります。

システインの不足する原因は

  • 疲労
  • 眼精疲労
  • アルコールの分解などに沢山使われてしまう

などが原因で不足状態に陥る可能性があります。

システインを多く含む食材は、カツオ節や削り節、しらす干しなど、積極的に摂りましょう。

更年期の血行不良

更年期の血行不良は、女性ホルモン分泌の減少により自律神経が乱れ血行不良が起こります。

血行不良から血流が悪くなり、生活習慣病を引き起こしてしまいます。

同じように更年期の血行不良は頭皮の血流も悪くし、毛乳頭が毛細血管から栄養分を摂れない状態で、毛母細胞に栄養補給が出来ない為抜け毛の原因になっています。

毛母細胞は毛乳頭から必要な栄養をもらい、毛母細胞分裂で新しい髪が生えるメカニズムなのです。

更年期の抜け毛対策

更年期の抜け毛は女性ホルモンの減少が影響しており、抜け毛対策として大豆イソフラボンなどの摂取で補い、バランスの良い食事や軽い運動、ストレスフリーを心がけ女性ホルモンの乱れを整えます。

また、地肌や髪の負担を減らしマッサージなどで血行を促し、美しい髪を甦らせましょう。

大豆イソフラボン摂取

女性ホルモンを補うには、エストロゲンと似た働きのある大豆イソフラボンの摂取が大事です。

大豆イソフラボンの一つダイゼインが、腸内細菌によりエクオールという成分に変化し更年期障害に効果があるといわれています。

しかし、日本人女性でエクオールを体内で作る、腸内細菌を保有する人は5割程度で、2人に1人は作る事が出来ないのです。

エクオールを体内で作れない方は、エクオール含有食品が製造販売されています。

おすすめエクオール

生活習慣を見直す

女性ホルモンの乱れから、抜け毛が起こります。

そこでストレスフリーや軽い運動、食生活の見直しで抜け毛改善が可能になります。

食生活の改善

食生活の改善でタンパク質やビタミンB郡、亜鉛や大豆製品に多く含まれるエストロゲンに似た働きのイソフラボンなど、髪に良い食材をバランス良く摂り、乱れた女性ホルモンを改善し、抜け毛や薄毛対策をしましょう。

またダメージヘアの修復効果が期待出来る、夜10時から朝2時までの時間を含め、ゆったりとした良質の睡眠が抜け毛に効果を現します。

軽い運動でストレス解消

ウオーキングや軽いジョキングなど、体全体を動かすことでストレスが発散出来ます。

またお風呂にゆっくり入り温もり、深呼吸やアロマオイル等で癒やされるなど、自分に合ったストレス解消法をおこなうことで、エストロゲンを増やす効果が期待出来ます。

女性ホルモンを増やす!?5つのアロマで極上リラックス

エストロゲンの分泌が改善されると、脳内物質のセロトニンの分泌にも効果があり、幸せ感など感情面での向上も期待できます。

髪への負担を軽減

長年のパーマやヘアカラーは、頭皮や髪に大きな痛手となり蓄積されています。

頭皮や髪に負担のかけない方法として、ヘアカラーなら化学薬品を含まない植物等のハーブ染料に切り替え、パーマは必要のないヘアスタイルでまとめるなど考えてみませんか?

若い頃と同じ事をしていると回復力が低下した頭皮や髪は、ますますダメージを蓄積する事になります。

髪と地肌をいたわって何時までも美しい髪を大事に育んで行きましょう。

血行を促進する

血行促進には、ストレスを溜め込まない事が大事です。1またリラックスできる時間を作り、上手にストレスを発散させましょう。

喫煙は血液の流れに一番悪い影響を与えます。

禁煙で血流を改善し美しい髪を取り戻しましょう。

→更年期の耳鳴りは血行不良が原因?!解消する3つの対策法

頭皮マッサージ

頭皮の血流を改善するには、マッサージが効きます。

硬くなった頭皮はマッサージすることで刺激となり、血流が改善し毛乳頭が栄養分を取り込みやすい頭皮となり、健やかな髪が育まれます。

マッサージは生え際から頭頂部の方向に、指の腹で円を描くようにもみほぐして行います。

マッサージの時は決して爪を立てないでくださいね。

頭皮に傷を付けることになります。

まとめ

更年期障害のあらゆる症状の中でも、女性にとって特に抜け毛薄毛は、心の痛む悩みになります。

毎朝細くてボリュームがない髪をまとめるのに、苦心惨憺しなくてはなりませんね。

しかし、気づいた時からしっかりとした対策を取れば、頭皮も髪も元気を取り戻し太い美しい黒髪が甦ってくれます。

キラキラ

自分の今の症状にピッタリの対策から始めて見ませんか?

きっと素晴らしい満足の行く結果に繋がる事でしょう!