女性ホルモンと似た働きをすると注目され、スーパーイソフラボンと呼ばれている『エクオール』。

そのエクオールを作り出すのに必要な『エクオール産生菌』という腸内細菌を持っているのは、日本人の場合、2人に1人と言われています。

自分はエクオールを作れるのかを知りたいなら、エクオール検査をしてみましょう。

この記事では、エクオールの検査方法や費用について紹介していきます。

簡単にできる検査ですので、気になるという人は是非、参考にしてみてください。

エクオールを作れないのは食事の欧米化が原因

大豆イソフラボンにある『ダイゼイン』という成分が、エクオール産生菌によって代謝され、エクオールに変化していきます。

しかし近年、食事が欧米化してきたことで、大豆製品の摂取が減っているのが大きな原因と言ってもいいでしょう。

昔は当たり前のように和食を食べていたため、20代の人より60代の人の方が、エクオール産生菌を持っている人が多いと考えられています。

エクオールに関してはこちらの記事も参考にしてみてください。

エクオールは更年期におすすめ!期待できる4つの効果と増やす方法

子供の頃から、大豆製品を多く摂っていたかどうかもポイントになってきます。

大豆イソフラボンを摂っても、更年期の症状に変化がない人は、エクオール産生菌を持っていない可能性が高いのです。

更年期症状を緩和したいなら、エクオールの検査をした方が、その後の対処法も見つけやすくなりそうですね。

ではどんな方法で検査するのか、次で詳しく見ていきましょう。

エクオール産生菌は「ソイチェック」で検査

エクオール産生菌が腸内にあるかどうかは、「ソイチェック」で検査することができます。

ソイチェックとは、尿の中にどのくらいエクオールがあるかを調べる簡単な検査です。

腸内で作られたエクオールは、体内に吸収されたあと、翌日には尿として排泄されるため、

尿検査をすることで、エクオールの有無を調べることができるというわけです。

ソイチェックの費用は?

病院で検査をする場合、どこの病院でも行えるわけではないので、検査ができるかどうか前もって確認をしてから来院しましょう。

費用は4,000~5,000円のところが多く、保険適用外となります。

更年期症状で引き続き病院に通いたいと考えている人は、病院で調べてもらった方がいいかもしれませんね。

しかし、結果が出るのは2週間後になるところが多いようなので、早く結果を知りたい人やなかなか病院に行けないという人は、エクオール検査キットがおすすめです。

楽天やAmazonなどの通販サイトでは、4,000円程度とちょっと値段も安くなります。

エクオール検査キットは、自宅で尿を採取して郵送するだけなので、とても簡単です。

ソイチェックは、病院や薬局、通販サイトで購入することができます。

エクオール検査キットでの検査方法

検査キットを購入したら、いよいよ検査です。

キットの中には、次の5つが入っています。

  • エクオール検査のご案内  
  • 個人情報取扱い同意書  
  • 検査依頼書
  • 採尿容器 
  • 返送用封筒

この中に検査の使用方法が書かれた用紙が入っているので、検査前に必ず目を通してくださいね。

  1. キットが届いたらまずキットの内容物を確認
  2. オンライン専用ページにログインし、検査依頼書を入力するか、用紙に記入して郵送
  3. 付属の採尿容器に尿を採取し、漏れないようにしっかりふたをして、ビニール袋に入る
  4. 返信用の封筒に入れて投函

検査はこれだけなので、とても簡単です。

ソイチェックの注意事項

  • 生理期間中を避ける
  • 検査前にエクオールサプリを摂らない(3日以上あける)
  • 検査前は多量の水分を摂らない
  • 採尿の前日に大豆製品を摂る(豆腐1/2、納豆1パック、豆乳200cc程度)
  • 夏場は涼しい時間にポストに投函するか、直接郵便局へ持っていく

これらのことに注意して、検査を行います。

採尿の時間などは特に気にせず、自分の好きな時間に行っていいようですが、体調の良い日を選んで検査した方がいいですね。

結果は、オンライン専用ページで依頼した場合、約1週間程度で登録したメールアドレス宛にメールが届きますので、マイページにログインして確認しましょう。

郵送で依頼した場合は、約2週間かかりますので、早く知りたい場合は、オンライン専用ページで依頼するといいですね。

エクオール産生菌がなかった場合

エクオール産生菌があった場合は、これまで通り大豆製品を摂取していきましょう。

エクオール産生菌がなかった場合は、大豆製品を毎日摂るだけでなく、腸内フローラを整え、エクオール産生菌を増やす必要があります。

エクオール産生菌がない人は大豆製品と食物繊維

大豆製品と一緒に食物繊維が豊富な食品も摂ることを心がけましょう。

しかし、エクオールをたくさん作りたいからといって、大豆製品を過剰に摂取するのは良くありません。

1日の摂取上限量を70~75mgと国で推奨していますので、それを目安に毎日続けて摂取することが大切です。

「昨日摂れなかった分、今日はいっぱい摂ろう」なんてことは厳禁ですよ!

毎日ちゃんと摂取していてもエクオールが増えないという場合は、もしかしたらきちんと体に吸収されていないのかもしれません。

そんな人は、エクオールサプリを試してみましょう。

サプリなら1日の摂取量もわかりやすく、効率よく体に吸収されるのでおすすめです。

大豆製品や食物繊維を意識して摂りながら、サプリをプラスしてみるのも一つの方法かもしれません。

普段の生活習慣も大事

エクオール産生菌がある人でも、運動不足やストレスによって、腸の動きを悪くなると、悪玉菌が増えて、腸内フローラのバランスが悪くなります。

腸内フローラのバランスが悪くなると、腸内細菌の働きも低下してしまい、エクオール産生菌も増えていきません。

普段から栄養バランスの良い食事と運動、ストレスを溜めない生活習慣に変えていく必要なありそうですね。

また普段から便秘しやすい人は、ヨーグルトや納豆などの発酵食品を摂って善玉菌を増やしてあげましょう。

特に納豆は、大豆イソフラボンも摂れるのでおすすめです。

これはエクオールに限らず、「これを改善するにはこの食品」と聞いて、それだけを食べていれば大丈夫と思ってしまう人もいるようですが、それは大きな間違いです。

意識して積極的に摂っていても、普段から外食が多かったり、ファーストフードやコンビニのお弁当ばかり食べていては、栄養バランスが偏り、十分な効果は得られません。

健康を維持していくためには、まず『栄養バランスの整った食事』が大切です。

この機会に、普段の食事をしっかり見直してみましょう!

まとめ

今注目のエクオールは、さまざまな効果が期待できる成分と考えられ、研究も続けられています。

エクオールを作れるか作れないかを知ることで、辛い更年期症状に悩むことなく、症状に合った適切な対処法が見つかることでしょう。

特に更年期の女性は、症状があるなしにかかわらず、一度検査しておくといいですね。