更年期と言われる
45歳?55歳の年代の女性は、
ホルモンバランスの乱れによって
心身にさまざまな症状をもたらします。

 

そのため、更年期を境に
リスクが高まる病気も多くあります。

 

今回は更年期以降に
かかりやすい主な病気と、
その予防対策についてご紹介します。

更年期以降にかかりやすい病気

 

更年期以降に特にかかりやすい病気と
言われているのが、

  • 骨粗しょう症
  • 動脈硬化
  • 生活習慣病
  • 女性特有の病気全般
  • 歯周病
  • 尿漏れ・頻尿
  • 認知症
  • うつ病

などなど、これ以外にありますが、
更年期を迎えるとこれだけの
病気にかかりやすくなってしまいます。

骨粗しょう症

エストロゲンは骨密度を保つ働きがあります。

エストロゲンの減少によって
ちょっとした動きですぐ骨折していまったり、
腰や背中の痛みなどが現れたり、
体の関節の動きが悪くなって
長時間歩くことができなくなるなどの症状が出ます。

動脈硬化

naizou_woman_bad

コレステロールを調整して
内臓脂肪を減らす
エストロゲンが減少するため、
血管が老化し動脈硬化が
起こりやすくなります。

 

進行すると狭心症や
心筋梗塞などを引き起こす
原因になってしまいます。

生活習慣病

更年期はホルモンバランスが崩れたり、
筋肉量・基礎代謝が低下してしまうことで
肥満になりやすく、
糖尿病、脂質異常症、高血圧、
脳卒中、心臓病といった
生活習慣病のリスクも高まります。

女性特有の病気

shiraga_woman

ホルモンバランスの乱れの影響で、
子宮体がん、卵巣がん、卵巣膿腫、
子宮下垂、子宮筋腫、
子宮脱、乳がんなどの
女性特有の病気のリスクが高まります。

 

痛みがある、
出血があるという場合は
すぐに受診するようにしましょう。

歯周病

エストロゲンの分泌が
減少することによる
歯を支えている顎骨などの
骨量低下、歯周組織の
免疫低下などにより、
歯周病の症状が
現れやすくなります。

 

加齢による唾液の減少による
ドライマウスなどの
症状も起こることがあります。

尿漏れ・頻尿

骨盤底筋のゆるみが原因で、
くしゃみをした瞬間尿が漏れる、
トイレが間に合わず漏らしてしまう、
トイレに行く回数が増えると
いった症状があらわれます。

認知症

エストロゲンには脳の働きを
保護する働きがあると言われ、
認知症はエストロゲンの減少が
影響しているのではないかと言われています

うつ病

更年期のホルモンバランスの変化と、
環境の変化で起こるストレスなどが
原因で更年期うつ病を発症してしまうことがあります。

更年期以降にかかりやすい病気の予防対策

seikatsu_syukan_woman_good

では次にそれぞれの病気の
予防対策をみていきましょう。

確実にならないということはありませんが、
それでも対策をするのとしないのでは
大きく変わってくるので、
しっかりと対策してください。

食生活の改善

バランスの良い食事は、
病気の予防に欠かせません。

 

毎日の食事は、
肥満を防止するために
脂質や糖質を控えて、
魚や野菜、海草類などを使った
和食中心にすると良いでしょう。

 

また、更年期に不足しがちな
ビタミンやミネラルを含む食材を
積極的に摂るようにしましょう。

適度な運動

適度な運動は、
肥満を防ぐだけでなく
自律神経のバランスを
整える効果もあります。

 

ウォーキング
軽いジョギングなど
無理なく続けることのできる運動を
生活に取り入れるようにしましょう。

 

足腰に負担を掛けないので水泳もオススメです。

ストレスを溜めない

moyamoya_woman

ストレスは、身体の不調を悪化させます。

趣味や打ち込めることを見つける、
十分な休養をとるなど、
自分なりのリフレッシュを方法を見つけ、
上手にストレスを解消しましょう。

禁煙

タバコはがんや動脈硬化のリスクを高めます。

健康面でも美容面でも悪影響を与えます。

タバコを吸っている人は、まず禁煙しましょう。

定期的に健康診断を受ける

病気の早期発見や早期治療のためにも、
症状が出てから検査するのではなく、
普段から定期健診を受けることが大切です。

 

信頼できる主治医を見つけて
おくこともいざという時に安心です。

まとめ

いかかでしたか?

このように、更年期以降は様々な病気に
かかりやすいため、
早い段階からの対策が大切となります。

 

そのため更年期を迎える前から
心や体のバランスを整え、
健康を保てるように心がけていきましょう。

 

更年期や女性の体の仕組みについて
正しい知識を身につけ、
上手に乗り越えていきましょう!