更年期世代の方には、特に理由がないのに、気分が晴れない、やる気がなくなる、気分が落ち込む、不安や不眠などの精神的な不調を訴える方が多く、そのような症状は「更年期うつ」と言われます。

今回は、更年期うつの原因や、更年期うつになってしまった時にはどうしたらよいのかを詳しくお話したいと思います。

更年期うつに悩む方や、もしかして更年期うつかも?と不安に思っている方はぜひ参考にしてみてください。


更年期うつの原因

更年期にうつ症状が起こる原因には、卵巣の機能が低下し女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌が減少してしまい、その影響で脳内神経伝達物質のセロトニンの機能も低下してしまうことがあげられます。

セロトニンが不足することで心のバランスがとれなくなってしまい、不安や気持ちの落ち込みなどを感じやすくなってしまうのです。

また、更年期には、夫婦関係や子育ての悩み、人間関係の悩み、親の介護、老後の不安など、抱える負担やストレスが多くなるのも1つの要因となっています。

真面目で几帳面な性格な人や、責任感が強い人などが発症しやすい傾向にあります。

更年期うつの治療方法

更年期うつの治療は婦人科、精神科、心療内科などで行われます。更年期世代ならば、まず最初は婦人科を受診し、症状に応じて精神科や心療内科を受診するとよいでしょう。

ホルモン補充療法

減少してしまったエストロゲンを補充することで更年期の様々な症状を緩和します。

漢方療法

効果は穏やかですが、副作用の心配が少ないので、自然の治癒力を高めながら長期的に治療することができます。

薬物療法

セロトニンの脳内での働きを回復させる抗うつ剤や抗不安薬などを服用して、うつ症状を緩和させます。

心理療法

カウンセリングなどを行い、抱えている問題を解消し、ストレスを軽減させたり、考え方のクセなどを改善して症状を緩和させます。

 

その他、セロトニンを活性化させるために太陽の光を浴びる、セロトニンを増やす食事(乳製品、ナッツ類、魚介類など)を積極的に摂る、サプリメントを摂取する、食事はよく噛んで食べる、適度な運動をする、旅行やスポーツなどの趣味を見つけてストレスを解消する、十分な休息をとるなどのセルフケアを行うことも大切です。

更年期うつの自己チェック

  • やる気が出ない
  • 気分が落ち込む
  • なにをしていても楽しめず、興味が持てない
  • 疲れやすい
  • 意味もなく涙が出る
  • イライラしやすい
  • 集中力が低下している
  • 些細なことでくよくよしてしまう
  • 食欲がない
  • よく眠れない
  • 他人と話したくない
  • 死にたいと感じる

これらの症状が5つ以上当てはまり、症状が2週間以上続く場合は更年期うつの可能性があります。

心の不調を感じたら早めに病院へ

更年期は、心身ともにさまざまな症状が現れるので、更年期うつと気づきにくいことが多く、また変調を感じても「更年期だから仕方がない」と放置してしまう人もいます。

しかし、うつ症状を放置するとどんどん悪化してしまい、パニック障害や強迫性障害などの精神疾患を併発してしまうこともあり、最悪自殺につながってしまうこともあります。

心の変調を感じ始めたら、なるべく早く、婦人科や精神科に相談するようにしましょう。早期に適切な処置を受ければ、症状を軽減することができるからです。

まとめ

いかかでしたか?
更年期うつはさまざまな原因から心身のバランスが崩れることで発症します。症状の出方には個人差がありますが、誰でもなる可能性があります。

必要以上に恐れる必要はありませんが、早い段階での治療によって症状を軽減したり、悪化を防ぐことができます。

気になる症状がある場合には、早めに病院を受診し、更年期を快適に乗り越えましょう。