更年期の年齢のせいか気分が落ち込み、やる気が出ないなど、、この精神的症状はもしかしてうつ病?なんて思うことってありますよね。

私も、更年期の時期は毎日ではないですが、このような精神的な症状が数多く出ていました。

本当につらいですよね。。

普通

そこで、この記事ではそんな更年期のうつ・不安感とはどんな症状なのか、原因や改善方法について紹介していきます。

うつや不安感の起こる原因と症状

更年期のうつ・不安感の起こる原因には

  • 女性ホルモンの減少
  • ホルモンバランスの乱れ
  • ストレス

などが重なり起こります。

現われる症状ついても合わせてご紹介します。

女性ホルモンの減少

更年期の女性は卵巣機能の低下により、エストロゲンの分泌が減少します。

エストロゲンホルモンは肌をきれいに、気分を明るく精神を安定させるなど体の機能を正常に保つ働きがあります。

自律神経と深く関わる2つの女性ホルモン、プロゲステロンとエストロゲン

エストロゲンの働きが衰えると

  • のぼせ
  • 冷え
  • 憂うつ
  • 不安感
  • イライラ
  • 不眠
  • やる気がなくなる
  • 物忘れ

などの症状が起こります

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンが減少するとホルモンのバランスが乱れ感情のコントロールが難しく自津神経失調症状になります。

エストロゲンは視床下部の指示で分泌されます。

視床下部はホルモン濃度を調べ、少ないと性腺刺激ホルモンを出しエストロゲンを分泌させます。

しかし卵巣機能が低下してエストロゲンが分泌できなく、性腺刺激ホルモンを出し続けます。

これが原因でホルモンの乱れが生じるのです。

視床下部の主な仕事は自律神経の調整ですが、エストロゲンの分泌にかかりきりで、主たる仕事がおろそかになり自律神経失調症の不定愁訴や憂うつ、イライラや不眠など精神的な症状が現われるのです。

自律神経失調の症状は他にも、のぼせやほてり、発汗やホットフラシュがあります。

→更年期のホットフラッシュで大量の汗が噴き出す原因と4つの対策

ストレス

この自律神経失調症状に女性環境の変化や、加齢の悩みなど多くのストレスが重なり精神症状のうつ・不安感が起こります。

憂うつやイライラ、不安感や意欲の低下が2週間続く場合は、更年期障害の憂うつ、不安感の疑いがあります。

産後のうつ経験されて方は、更年期のうつ病を起こしやすいといわれています。注意が必要です。

思い当たる症状がある方は専門医に相談してくださいね。

更年期の憂うつは更年期女性の40%の方に認められ、ホットフラッシュより高い罹患率になっています。

不安やうつなどの治療方法は?

更年期の不安やうつなどの気持ちの落ち込みなどの治療法は

  • ホルモン療法
  • 漢方薬
  • 向精神薬
  • カウンセリング

などがあります。

ホルモン療法

減少しているホルモン剤を投与する治療方法です。

治療するにはタイミングがあり効果や副作用について医師に相談しましょう。

ホルモン療法はほてりやのぼせ、発汗や頻尿に効果があります。

薬物療法

漢方薬は体全体の調子を整えて、症状を和らげてくれる治療方法です。

→更年期障害に効くオススメの漢方は?知っておきたい5つの漢方薬

向精神薬は強い不安感を和らげる治療法です。

抗うつ薬や抗躁薬、中枢神経刺激薬、睡眠導入薬などです。

専門医なので心配ごとや体の不調の治療方法など詳しく説明していただけます。

カウンセリング

診療心理士が精神面のケアをします。

悲観的な考え方を変えてくれます

うつ病や神経症状には受診を

更年期症状とよく似たうつ病や神経病は、更年期症状か精神症状のどちらから来ているか判断が難しいです。

症状がひどく日常生活に支障がある場合は、精神科や心療内科を受診しましょう。

ちみに参考程度ですが、うつ病だと思われる症状や精神症状をいくつか紹介しておきますね。

うつ病の症状

  • 今まで好きなことにも興味が持てなくなった
  • 何事にもやる気が起きない
  • 将来に希望が持てない
  • 著しい不安
  • 楽しみがない
  • 食欲の低下
  • 集中力の低下
  • 記憶力の低下
  • 不眠

不安神経症

不安が頻繁に起こる、喉のつかえや動悸、息苦しさやめまい、過呼吸など通常の限度を超えて現われる。

脅迫神経症

数字や右や左など極端にこだわって縁起をかつぐなど、脅迫観念や脅迫行動があります。

恐怖症

ある物や事柄に対して異常な恐怖を現し、嘔吐恐怖、不潔恐怖、対人恐怖、乗り物恐怖などがあります。

精神疾患のある方が更年期で症状がひどくなるようであれば、専門医にご相談するのが良いでしょう。

また神経症状に思い当たる方も専門医にご相談しましょう。

ストレスをためない生活

脳はストレスを感じると、離脱しょうとノルアドレナリン神経が働き交感神経が高まります。

危険に対処するため血圧を上げ覚醒状態になり、一方で不安感やパニックを感じます。

この状態を続けると脳はフリージング状態になります。

脳はストレスの抵抗を止め、ストレスの自覚がありません。

しかし視床下部のストレス中枢が興奮を始め、ストレスを蓄積します。

こうなると副腎皮質からストレスホルモンが分泌されます。

このストレスホルモンが高血圧や肥満、糖尿病に発展させる事になります。

こうなる前にハッピーホルモンセロトニンを分泌させる生活が必要なります。

ハッピーホルモンを分泌方法

太陽を浴びる

網膜に一定以上の光が当たると、セロトニンが分泌されます。

室内で十分で朝起きたらカーテンを開け朝日を浴びましょう。

雨の日は、高照度の照明器具の光を浴びても効果があります。

ウォーキング

朝のウォーキングは、セロトニンを分泌させる、朝日を浴びて軽い運動を兼ねたオススメの方法です。

リズミカルな曲を聴きながらウォーキングを行います。

脳がリズムに集中し、セロトニンの分泌効果が高まります。

食事はおしゃべりしながら

食事は誰かと一緒に摂り、おしゃべりしながら食べることでグルーミング効果がありあます。

グルーミング効果はセロトニンの働きを助けるオキシトシンがあります。

このオキシトシンは気を使わなくて良い人との会話で分泌されます。

このグルーミングはストレスにとても効果があります。

呼吸を整える

みぞおちに手を当てて、鼻から息を10秒から15秒かけてゆっくり吐きます。

この際腹筋を使いお腹をへこむようにします。

吐き終わったら自然に息を吸います。

これを10分ぐらい繰り返します。

こうすることで、呼吸が整い心も落ち着いてきます。

夜のメラトニンで睡眠を

セロトニンは夜になるとメラトニンという睡眠ホルモンになります。

よい睡眠はストレス解消になくてはならないものです。

松果体から分泌されるホルモンメラトニンは睡眠を支援してくれます。

ちょい飲みや家族団らんも

ちょっと一杯もストレス解消に効果があります。

会話によりオキシトシンが分泌され、ストレスの中枢を静めてくれます。

家族団らんもグルーミングでストレスに効果があります。

ペットとふれあう

スキンシップによるグルーミングはストレス解消の王道です。

膝の上で絵本の読み聞かせする事も効果的です。

また、ペットに触れたり話しかけたりすることで同様の効果があります。

返事がなくてもオキシトシンは分泌されます。

ペットが飼えない人は、猫カフェやフクロウカフェなど出かけるのも良いことです。

カラオケ

リズム運動と同様にセロトニン分泌に効果的です。

曲に合わせてリズムに乗り、腹式呼吸で声を出すので呼吸も深くなります。

一人でも効果がありますが、大勢いればグルーミング効果も期待出来ます。

涙活

涙には自律神経のスイッチを切り替える機能があります。

ストレス下では交感神経が過度に働き緊張しがちですが、涙を流すと副交感神経が働きリラックス状態になります。

映画やドラマ、ドキメンタリーなど泣く題材なら何でも良いのです。

自分のストレスでない、他人に共感して泣くのがポイントです。

まとめ

更年期は誰もが経過しなければならない道です。

人にもよりますが辛い症状がでることがあります。

しかし必ず治まる症状が更年期症状なのです。

第二の人生スタートと考えて前向きに、ストレスを溜めないで好きな趣味や、規則正しい生活で前向きに快適な毎日を過ごしていけるよう心がけましょう。

朝起きたらまず、自分の良いところを見つけて大きい声で褒めてみましょう。

キラキラ

ハッピーホルモンが出て今日の一日が元気で過ごせるはずですよ!