更年期とは、心やカラダに様々な不調があらわれながらも、病気ではないため、普段通りの生活を送らなきゃならない、という事が多いですよね。

でも、その本人のカラダはもう限界、であったりもします。

自分が更年期になった時、家族には、どう接してもらう事が良いのか、そして、もし家族が更年期になった場合、どう接すれば良いのか、知ってもらいたいし、知りたいですよね。

更年期世代に無理は禁物です。

それを、どうわかってもらえば良いのでしょうか。

男性、女性の更年期

女性の更年期とは、昔から当たり前のことで、ある程度の年齢になったら、女性なら誰もが覚悟するものですよね。

でも、男性の更年期は?

男性だって更年期障害になります。

男性の更年期障害も、ホルモンバランスが大きく関係してきます。

そして、その症状は女性も男性も同様に、めまいやほてり、のぼせ、多汗、頭痛、精神不安などです。

また、女性が、更年期により、倦怠感や不安感、やる気の減退といった症状が出るのと同様に、男性の更年期症状も、やる気の減退やうつ傾向などがあります。

女性の場合、30代くらいからなんとなく更年期を意識しはじめ、40歳にもなれば、自分ももうすぐ更年期だな、と覚悟するものです。

そして、毎日なんとも言えない不調に襲われれば、これは更年期症状か?と考えたりするものですよね。

ところが、男性の多くは、そうではありません。

男性は、ホルモンバランスを常日頃から意識する事も少なく、また、そのホルモンによって、自分のカラダに不調が出る、だなんてあまり考えたりしません。

そのため、いざ更年期になっても、気づけなかったり、受け入れられなたっかり、することが多いでしょう。

そのため、女性の様に食事やサプリ、治療などで、更年期症状の改善を図ろうとしないので、悪化してしまうケースもあります。

そんな男女の更年期には、家族はしっかり向き合って、症状のつらさを理解して、サポートしてあげる必要がありますね。

更年期はとてもつらい期間ですが、一生続くものではありません。

60代、70代の老人と言われる世代の人が元気なのは、そんな更年期を乗り越えたからこそです。

元気な60代、70代を迎えるためには、更年期に家族の理解が不可欠となります。

更年期女性への家族の接し方

更年期になる女性は、これまで自分よりも夫、子供のために、家事、子育てに力を注ぎ頑張ってきた世代です。

仕事だってしてきたと、いう人も多いでしょう。

そのため、お母さんはいつだって元気で当たり前と思われ、カラダがつらい時だって、頑張ってきたはずです。

ですが、更年期世代の女性は、もうその頑張りが蓄積することで、カラダや心はどんどん疲れ、頑張り続ければ、その疲労やストレスが解消されることは難しくなります。

そんな更年期の女性の家族は、更年期をしっかり理解し、協力していく必要があります。

よく眠らせてあげること

更年期女性は自律神経の不調により、イライラや倦怠感、めまい、ほてり、だるさ、不眠などの不調があらわれます。

そのため、大切なのは睡眠です。

睡眠不足が続くことで、自律神経のバランスはどんどん乱れてしまい、更年期症状は悪化するばかりです。

夜は、無理に待たせず眠れる様に、朝は、無理に起こさず、適当な時間まで眠れるようにと、帰りが遅くなる時、朝が早い時など、気遣ってあげることが大切です。

「今日は先に寝ていてね」、「明日は、起きないでいいんだよ」などと優しく一声かけてあげるだけでも違いますよね。

精神不安にムキにならない

更年期女性は、ホルモンバランスの乱れで、どうしてもイライラしてしまいます。

また、元気だったと思ったら、急に落ち込んだりと、家族は少々大変かもしれません。

ですが、一番つらいのは本人です。

気分の良い時は、どうしてあれくらいのことで、と反省したり、落ち込みがちになってしまう自分が、イヤで仕方なかったりもします。

そんな浮き沈みの激しい精神状態で、ヒステリックになってしまったり、ネガティブなことばかり言ってしまったとしても、家族はそれに対してムキになってはいけません。

また、無視するのも、良くありません。

気分転換させてあげたり、心が和むような空気を作ってあげたりすると良いですね。

家事のサポート

更年期は、これまで普通にできていた事をするだけでも、疲れてしまったり、大きなストレスを抱えてしまったりします。

無理にやらせたり、できなかったことをとがめたりすると、更年期の精神的な症状の悪化につながってしまいます。

料理を作ったら、洗い物は家族が、洗濯を干したら、たたむのは家族が、などとサポートしたり、一緒にやってあげるのも良いですね

気分が重くなりがちな、たくさんの洗濯物や、山の様な洗い物などは、夫婦で並んでおこなうなどすれば、気持ちがいくらか楽になりますよね。

更年期男性への家族の接し方

男性の更年期は、本人が気づかなかったり、受け入れなかったり、という事が多く、ケアが遅れがちです。

男性のプライドを傷付けないように、さりげなく改善へ導いてあげましょう。

無理に頑張らせない

疲労やストレスが抜けず、やる気も出ていない

そんな夫の姿を見たら、更年期を疑って無理をさせないであげましょう。

「更年期なんだから」などと、ストレートに言わず、「顔色も悪いし、少し休んでほしい」などと言って、休息を仰いであげたいものです。

また、気力がなく、何もできない様な時は、夫婦二人でできる、軽い運動などに誘ったり、散歩に連れ出してあげましょう。

決して、「しっかりしてよ」などと言ってはいけませんね。

鍛えさせてあげましょう

男性更年期は、男性ホルモンである、テストステロンの減少が原因でおこります。

このテストステロンは、筋力を低下させ、筋力が低下することで、さらにテストステロンは減少します。

そのため、運動不足などは、男性更年期症状の悪化につながります

「運動しなさいよ」などと言って、一人で、無理にさせるのではなく、二人で楽しく続けられるように促してあげたいものです。

カラダを動かせる様々な情報を見せて、「一緒にやりたいね」などと言って、誘導してあげても良いですよね。

男性の更年期は、男性を立てながら、優しく改善へ導いてあげる必要がありますね。

自覚させる

男性は、女性と違って、更年期への覚悟がありません。

そのため、様々な不調があらわれても、「風邪かな」、「疲れているんだな」、くらいにしか思わない人も多いでしょう。

ですが、更年期症状とは、本人が自覚して前向きに改善しようとする意識がなければ、なかなか症状はおさまりません。

そのためには、男性にも更年期というものが来て、それにより様々な不調があらわれる、という事を理解させなければなりません。

二人で、書籍やインターネットなどで、男性更年期の情報を見て、本人に気づかせてあげましょう。

まとめ

更年期は、男性も女性もある程度の年齢になれば、誰がなってもおかしくありません。

病気ではないため、いつこの症状が治まるのか、わかりづらいものでもあります。

ですが、しっかりケアしながら毎日過ごしていけば、必ず更年期から抜けることができます。

その日を待って、更年期は焦らず、ゆっくり思いやりながら、過ごしていく事が大切です。

家族やパートナーの元気な日が来ることを楽しみに、更年期の間はしっかり助け合っていきたいですね。