数多い更年期症状のうち「腰痛」の症状を覚える人もいて、更年期症状としてよく知られている「のぼせ」「ほてり」といった症状よりも腰痛を覚える人が多いとも言われています。

特に普段から運動をする習慣のない人は少し体を動かしただけで筋肉痛を覚える人もいて、腰痛が「更年期症状」か「筋肉痛」か「その他の病気か」を判断するのは難しいです。

更年期症状で腰痛が起こる原因とは

更年期症状は女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減ることで発症することはよく知られています。

これにより自律神経の働きが乱れて血管が収縮され全身の血流が悪くなり、腰痛や肩こりを感じることが多くなります。

また誰でも年齢を重ねると腰回りの筋肉が加齢により弱くなることも考えられ、使われない筋肉が硬くなることで痛みを発症します。

更に「どちらかと言えば太り気味だ」という人や「自分では気づかないけど姿勢が悪いと言われる」という人も腰回りに負担がかかりやすくなります。

若い頃は腰痛なんて感じることはほとんどなかったのに、更年期になって腰が痛くなることが増えた。

という人は更年期症状かもしれません。

腰痛が起きた時にはどうすればいいの?

辛い腰の痛みを和らげるためにはやはり「腰を温めること」が重要です。

例えばカイロや温湿布、ぬるめのお風呂にゆっくりとつかって腰を温めれば血流が改善され、腰痛の症状も改善する可能性があります。

また腰回りを意識したストレッチも有効ですが負担がかからないように優しく行いましょう。そして腰に負担をかけず、疲れたら体をゆっくりと休めることも重要です。

いつまでも症状が治まらないと「腰椎椎間板ヘルニア」や「骨粗しょう症」などの可能性もあるため早めに病院で治療を受けることが重要です。

腰痛の対策

「姿勢が悪い」と感じている人は姿勢に気を配ること、そして「太り気味だ」と感じている人は無理に痩せようとはせず、運動をしてバランスのよい食事をとりながらゆっくりとダイエットをしていくとよいでしょう。

運動する習慣をつけることで全身の血流をよくする効果が期待でき、他の更年期症状も改善できる可能性があります。運動とはまずは簡単にできるウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。

更に精神的にストレスを受けると腰痛の症状もひどくなることがあるようです。

適度に気分転換をしながらストレスを解消していきましょう。必要であれば市販されているコルセットを利用しましょう。